2010/04/07

実業団、初戦終了。。。

おはようございます。
春の実業団リーグがスタートしました。

僕の所属するスポーツラーニングは東京2部。


で、結果は。。。
4勝1敗での勝利でした。
詳しい結果はこちらでどうぞ↓
いつだってテニス成長期。


個人的にはダブルスもシングルスも勝つことが出来、一安心。

特にシングルスは、ファーストセットにいいように打ち込まれてしまい、
4−6で落としてしまったのですが、
そこから黒ちゃんのアドバイスもあって、セカンド、ファイナルと取ることが出来ました。

ちなみにどんなアドバイスだったかというと、、、

「相手はしっかり攻めてきてる。
 その相手に対して、引いて守って、結果的にポイントを取られてる。
 だったら、引かずに前に入って打たなきゃいけないんじゃない?」
というもの。。。

その後、かなりがんばって、下がることなく前に入ってプレーをしたのですが、
正直、きつい。
当然動きはクイックになるし、無理している分、ミスも出る。

スコア的には6−1.6−0とセカンドセット以降はあっさりした印象ですが、
自分のなかでは、かなり厳しい戦いでした。

やはり、このレベルではしっかりチャレンジしていかないと勝てないな、と
じっかんさせられた、そんな実業団初戦でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/10/09

メルマガ配信しました。

おはようございます。

先ほどメルマガを配信しました。

内容は、先日見に行った楽天ジャパンオープンで感じたことから、
他の誰かになろうとしてはいませんか?
として書きました。

読者の皆さんは楽しみにしてて下さいね。


ちなみに、テニスの全日本ベテランの予選は明日からに延期になったので、
その報告も、このブログでさせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/12

いよいよ始まります。

明日からいよいよ秋期実業団リーグが始まります。

僕たちスポーツラーニングは東京2部での戦いです。
試合前日のこのわくわく感&どきどき感。

大好きです。

精一杯楽しんでこれたらいいなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/10

一時復帰

おはようございます。

実は今日からほんの少しだけ
テニスコーチとして復活します。

緊張しすぎて4時半に目が覚めちゃいました。。。

というように、結構不安もありますが、
とりあえず、みなさんが持っている力が引き出せるような
コーチングができるように精いっぱい頑張ります。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/11/30

対抗戦

昨日は実業団スペシャルマッチと称して対抗戦をしてきました。

スポーツラーニングの生徒さんの所属する
対抗戦の相手はバルヴェールでした。

久々に応援のある中の試合で結構緊張してしまいましたが、
何とかそつなくプレーができました。

応援に来てくださった皆さん。
本当にありがとうございました。

結果や写真はスポーツラーニングブログのほうに出ると思うので、
そちらをご覧ください。


ちなみに応援に来てくださった方に
「ブログの更新しないの…?」
と質問されてしまいました。。。


こまめに更新できるように頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/11/25

メルマガNo164 集中力

 ☆☆ テニスの試合に勝ちたい社会人に贈る ☆☆
☆☆★★  1分間アドバイス  ★★☆☆ No.164
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃ 社会人テニスプレーヤーは、テニスの時間が限られてしまう。
┃     その少ない時間の中で、試合に勝てるようになるためには、
┃     正しく優れた情報と、少しの考える時間が必要です。
┃     このメールマガジンは、毎週末に1分で読めるアドバイスで
┃ あなたのテニスに刺激を与えます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
■□□  お勧めの一冊!! □□■
□  スポーツラーニングが出した最初の本

□ ダブルステニス超爽快サービス
□  

□  
□  試合でもっとも必要な技術:サービスについて、
□  打ち方はもちろん、入れ方からメンタルまで
□  一冊まるごと使って解説しています。
■□□

★1分間アドバイス★
試合中に取るべき態度 ~ その2


☆解説☆
前回のまでメルマガで書いたように、
自分のパフォーマンスを高く保つためには「演じる」ことが必要です。

ではいったい、何を演じればよいのでしょう?
答えはカンタン。
自分が思い描く「理想の自分」がとるであろう態度です。。。


その二つ目のポイントは
「高い集中力を持つ自分」です。


試合中に集中力が必要だ、というのは皆さんにも十分わかっていることでしょう。
でも集中する方法が分からない、という人も多いはず。

「集中っ!!」なんて言いながらおしりをパンパンたたいている人は
よく見かけますが、残念ながらそれが集中力を高める有効な行動かというと・・・
そうではありません。


簡単に集中力を高める方法としては
視線のコントロールをする、というものがあります。
視線を狭く、体に近い一点に集めることで集中力が高まるのです。


具体的な行動としては、
ボールを持って見つめる
ラケットのガットを見つめる
という二つの行動がとても効果が高いはず。


まずは意識してこの二つを実践してみてください。

あなたは、このアドバイスを、自分のテニスにどう生かしますか?

※感じたこと、考えたことを今週末のテニスで実践して下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/18

メルマガN0163 自信

 ☆☆ テニスの試合に勝ちたい社会人に贈る ☆☆
 ☆☆★★    1分間アドバイス  ★★☆☆   No.163
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  社会人テニスプレーヤーは、テニスの時間が限られてしまう。
┃     その少ない時間の中で、試合に勝てるようになるためには、
┃     正しく優れた情報と、少しの考える時間が必要です。
┃     このメールマガジンは、毎週末に1分で読めるアドバイスで
┃   あなたのテニスに刺激を与えます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
  ■□□  お勧めの一冊!! □□■
  □  スポーツラーニングが出した最初の本
  □
  □ ダブルステニス超爽快サービス
  □  
  □  
  □  試合でもっとも必要な技術:サービスについて、
  □  打ち方はもちろん、入れ方からメンタルまで
  □  一冊まるごと使って解説しています。
  ■□□

★1分間アドバイス★
試合中に取るべき態度 ~ その1


☆解説☆
前回のメルマガで書いたように、
自分のパフォーマンスを高く保つためには「演じる」ことが必要です。

ではいったい、何を演じればよいのでしょう?


答えはカンタン。
自分が思い描く「理想の自分」がとるであろう態度です。。。


って、これじゃあピンとこない方も多いのかもしれませんね。

あこがれのプロの選手のふるまいをそのままそっくり真似てしまうのも、
もちろんありなのですが、いくつかポイントを紹介しましょう。


まずは、「自信に満ち溢れた自分」です。

テニスの試合にはミスはつきものです。
もちろん相手にエースを取られることだってあるでしょう。
でも、そんなときに一喜一憂していてはいけません。

具体的には、うつむいたり、天を仰いだり、
ましてラケットを投げつけたりしていては、
かえって気分が落ち込んだり、逆にイライラしたりして、
メンタルが小さくなっていってしまいます。

そこで、常に「自信に満ち溢れた自分」を演出するようにしましょう。

具体的には、胸を張って、顔をあげて歩く、とか
ラケットヘッドを上に向けて持つ、なんていうのはどうでしょう。

実際にトッププロもこうやってポイント間を過ごしているはずです。


まずは意識してこの二つを実践してみてください。


あなたは、このアドバイスを、自分のテニスにどう生かしますか?

※感じたこと、考えたことを今週末のテニスで実践して下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/16

メルマガNo162 演じる

先週のメルマガ、
ブログに載せるの忘れてました。。。


 ☆☆ テニスの試合に勝ちたい社会人に贈る ☆☆
 ☆☆★★    1分間アドバイス  ★★☆☆   No.162
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  社会人テニスプレーヤーは、テニスの時間が限られてしまう。
┃     その少ない時間の中で、試合に勝てるようになるためには、
┃     正しく優れた情報と、少しの考える時間が必要です。
┃     このメールマガジンは、毎週末に1分で読めるアドバイスで
┃   あなたのテニスに刺激を与えます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
  ■□□  お勧めの一冊!! □□■
  □  スポーツラーニングが出した最初の本
  □
  □ ダブルステニス超爽快サービス
  □  

  □  
  □  試合でもっとも必要な技術:サービスについて、
  □  打ち方はもちろん、入れ方からメンタルまで
  □  一冊まるごと使って解説しています。
  ■□□

★1分間アドバイス★
自分のパフォーマンスを高くたもつ方法


☆解説☆
自分のパフォーマンスを高く保つには「演じる」ことが大切だと
前回のメルマガでは書きました。

では、いったい、いつ、何を「演じ」ればよいのでしょう?


答えはカンタン。


いつ?


それは、ズバリ、ポイント間。
つまりボールを実際には打っていない時間です。


よくこのメルマガでも書きますが、
テニスはボールを打っていないポイント間の方が7割以上の時間を占める
スポーツです。

ですから、ポイント間に「演じる」ことができれば、
試合の7割以上を自分でコントロールしたということ。

逆に上手に「演じる」ことができなければ、
試合がコントロールできないのも当然です。


ポイント間を制することは試合を制するということにつながるのです。


しかも、新しい打ち方を身につけるよりも
ずっと早く効果が出てきますし、
なにより、自分の態度は自分でコントロールができる!!、
のですから、取り組む意思があればすぐに始められます。


では、いったいどんなことを演じればいいのか?
それは次週以降、解説していきます。。。
 


あなたは、このアドバイスを、自分のテニスにどう生かしますか?

※感じたこと、考えたことを今週末のテニスで実践して下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/27

メルマガNo160 集中力を図で考えよう

 ☆☆ テニスの試合に勝ちたい社会人に贈る ☆☆
 ☆☆★★    1分間アドバイス  ★★☆☆   No.160
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  社会人テニスプレーヤーは、テニスの時間が限られてしまう。
┃     その少ない時間の中で、試合に勝てるようになるためには、
┃     正しく優れた情報と、少しの考える時間が必要です。
┃     このメールマガジンは、毎週末に1分で読めるアドバイスで
┃   あなたのテニスに刺激を与えます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
  ■□□  お勧めの一冊!! □□■
  □  スポーツラーニングの最新作がDVD付きで登場!!
  □
  □  スウィングは骨を動かせ!! (よくわかるDVD+BOOK)
  □  
  □
  □  打ち方に悩んだら、ぜひ読んでみてください。
  ■□□

★1分間アドバイス★
テニスの試合の全体像を考える~その4

☆解説☆
前回ブログにのせた図は僕が思っていた以上に分かりやすかったみたいで、
とてもうれしかったです。

で、今日ももう一度図を載せておきました。
http://tinyurl.com/5r8tsc


というのは、僕自身、前回の図を見ていたら、
ふとした事に気がついたのです。

強いメンタルを持つというのは大きなメンタルを持つということ。
つまり、意識を広げることがメンタルの大きさを広げることにつながります。


自分の意識が広がっていって、
自分の体のことやショットのことはもちろん、
ボールも相手も、コートやその周辺の出来事までも、
包み込むようになる。

そんなイメージを持ってプレーをしていると、
ちょっとしたことでは動じない強いメンタルで試合ができるので、
不思議と試合のコントロールが効いてきます。

でもそれだけではないんです。


そうやって広げた意識を、
実際にプレーをするときにはググッと狭めてみましょう。

何に向かって・・・?


ボールに向けてです。


大きく広げたメンタル(意識)をボールを対象にして狭めていく。
これが集中していくイメージだと思います。

すると、その前にメンタルが広がっていればいるほど、
ボールに集まる意識の密度が濃くなりますよね。
(分かりづらいかもしれませんが、
 ふたつ目の図では色を濃くして、
 集中力が高まっていくことをイメージしてみました。)


こんな風に、
強いメンタルは意識を大きく広げていくイメージ、
高い集中力は、ボールに向けて意識を狭めていくイメージ、
というようにふたつのイメージを持っておくと、
試合中に適切なメンタリティーが作りやすいのではないかと思います。


(ご意見やご感想などがあれば、
 ブログのコメントにお願いします)

あなたは、このアドバイスを、自分のテニスにどう生かしますか?

※感じたこと、考えたことを今週末のテニスで実践して下さい!!


最後まで読んでくださってありがとうございます。
応援の1クリックをお願いします!!
人気blogランキング登録中です←応援してください

※ 先日、「応援って何すればよいのですか?」ってご質問をいただきました。
  上のリンクをクリックを押すと人気blogランキングのページに移ります。
  それだけで、このblogにランキングのポイントが加算されていく仕組みです。
  (ひとつのパソコンからは1日1クリックまで、1週間の合計でランキングが決定)
  1クリック10ポイントが加算されていって多くのポイントが加算されるほど
  ランキングの上位に表示される仕組みになっています。
  ちなみにこのblogは「テニスがうまくなりたい」というタイトルで登録されています。
 

   というわけで、読んだ記事の内容が気に入ったときには1クリックお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/10/20

メルマガNo159  

 ☆☆ テニスの試合に勝ちたい社会人に贈る ☆☆
 ☆☆★★    1分間アドバイス  ★★☆☆   No.159
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  社会人テニスプレーヤーは、テニスの時間が限られてしまう。
┃     その少ない時間の中で、試合に勝てるようになるためには、
┃     正しく優れた情報と、少しの考える時間が必要です。
┃     このメールマガジンは、毎週末に1分で読めるアドバイスで
┃   あなたのテニスに刺激を与えます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
  ■□□  お勧めの一冊!! □□■
  □  スポーツラーニングの最新作がDVD付きで登場!!
  □
  □  スウィングは骨を動かせ!! (よくわかるDVD+BOOK)
  □    
  □  打ち方に悩んだら、ぜひ読んでみてください。
  ■□□

★1分間アドバイス★
テニスの試合の全体像を考える~その3

☆解説☆
前回は試合でやるべきことをふたつあげました。

今回は実際の試合の時に、
あなたがどのくらい大きなメンタルを保てているのかを
振り返ってみてください。

ブログに二つの図と解説を入れておきました。

最初の図のように大きなメンタルを持っていると、
試合中に起こるあらゆることに意識が向いているということですから、
自分で試合をコントロールできているということですよね。

逆にふたつ目の図のようにメンタルが小さくなってしまうときというのは
自分のことばかり気になってしまっているということです。

打ち方のことばかり考えてしまったり、
体力的にいっぱいいっぱいになってくると
こんな風にメンタルが小さくなってしまいがちです。


そうなると、試合をコントロールしているとは言えないですよね。
当然試合の結果もよくないケースが多くなってくると思います。


逆に考えれば、緊張したりビビったりした時には
メンタルが小さくなって自分のことばかり気になっている証拠ですから、
ググッとメンタルを広げるために、
コートの周りや空を眺めて意識を広げていくのも
いい方法だと思えてきませんか?


あなたは、このアドバイスを、自分のテニスにどう生かしますか?

※感じたこと、考えたことを今週末のテニスで実践して下さい!!


最後まで読んでくださってありがとうございます。
応援の1クリックをお願いします!!
人気blogランキング登録中です←応援してください

※ 先日、「応援って何すればよいのですか?」ってご質問をいただきました。
  上のリンクをクリックを押すと人気blogランキングのページに移ります。
  それだけで、このblogにランキングのポイントが加算されていく仕組みです。
  (ひとつのパソコンからは1日1クリックまで、1週間の合計でランキングが決定)
  1クリック10ポイントが加算されていって多くのポイントが加算されるほど
  ランキングの上位に表示される仕組みになっています。
  ちなみにこのblogは「テニスがうまくなりたい」というタイトルで登録されています。
 

   というわけで、読んだ記事の内容が気に入ったときには1クリックお願いします


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧