2009/03/27

本日発売!!

▽▼▽今週の1冊▽▼▽

確か、今日から新発売だったと思います。
著者はデ杯の日本代表チームの強化合宿に、
コーチとしても参加する中本圭くん。

現在は「東京リゾート&スポーツ専門学校」で
テニスコーチを育成する指導者として活動し。
そのかたわら、ヨネックス主宰のテニスイベントの講師や
テニス雑誌での技術解説などでも大人気。

そんな彼の第一作目となるこの本はDVD180分という大容量のおまけつき。
って、どっちがメインか分かりませんが・・・

もちろん僕もまだ本は持っていませんが、
ゲラ刷りの段階で中身は見させてもらいました。

かなりしっかりと基本を解説している本だという印象です。
今日ものある人は本屋さんでチェックしてみてくださいね。


この本の著者、中本くんは僕の最初のダブルスパートナー。
高校を卒業してテニスのコーチのアルバイトを始めたときからの大親友です。

彼と一緒に練習をし、
彼と一緒に試合に行き、
彼とペアを組んで初めてJOPを取り、
彼と一緒にアメリカにテニスの短期留学をし、
そして、彼と一緒に全国でイベントをして歩き・・・
と、僕のテニス人生の大半を共に過ごした戦友でもあります。

という訳で、今でこそテニス界で大活躍するようになった
中本くんですが、15年以上前に出会ってから、
学んできた過程は、ほぼ同じ。

ですから、彼の教える「基本」には僕も共感する部分がほとんどです。
ぜひこの本、チェックしてみてくださいね。

ちなみに彼が経営する会社
テニスワークス・ケイのHPアドレスはこちら
http://tennisworkskei.com/index.php
本を読んだら感想送ってあげてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/22

続いています・・・

ずっと目標にしていたことで最近ようやく
でき始めていることがあります。
それは・・・
毎日一冊の読書日記を書くこと。

このブログで始めようかとも思っていたのですが、
テーマが混ざりすぎてもなぁと思って
アメブロで読書ブログを作って書いていたのですが、
ようやく毎日書けるくらいになってきました。

単純に読んだ本についての
自分のための備忘録ですが、
よかったらこちらにも遊びに来てください。
http://ameblo.jp/fujisobablog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/12

今週の一冊~テニス上達book

▽▼▽今週の1冊▽▼▽
今回はこの本です。
テニス上達BOOK-実戦に強くなる! 藤田 義仁

2001年の発行ですから、もう7年も経つのですが、
今でも十分役立つ技術書だと思います。

木にたとえて言うなら、
スポーツラーニングが出している本が
もっとも太い木の幹の部分を太くすること、
で早く上達できるように書かれているのに対し、
この本は枝葉の部分に焦点を当てている本だと思います。

全部を覚える必要があるわけではないですが、
試合で使えるテクニックや考え方が紹介されていますので、
今日のアドバイスのように逆算していったときに、
自分に必要なものを見つけられるかもしれません。

ちなみにこの本、僕も出演しています。
真夏に延々3時間サービスダッシュをさせられて、
徐々に汗だくになっていくさまが、
ズボンの色の変化で伝わると思います・・・


最後まで読んでくださってありがとうございます。
応援の1クリックをお願いします!!
人気blogランキング登録中です←応援してください

※ 先日、「応援って何すればよいのですか?」ってご質問をいただきました。
  上のリンクをクリックを押すと人気blogランキングのページに移ります。
  それだけで、このblogにランキングのポイントが加算されていく仕組みです。
  (ひとつのパソコンからは1日1クリックまで、1週間の合計でランキングが決定)
  1クリック10ポイントが加算されていって多くのポイントが加算されるほど
  ランキングの上位に表示される仕組みになっています。
  ちなみにこのblogは「テニスがうまくなりたい」というタイトルで登録されています。
 

   というわけで、読んだ記事の内容が気に入ったときには1クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/12

【読書0001】 北島康介 夢、始まる

昨日の金メダルに感化されて、買って読んじゃいました。

アテネまでの歩みを振り返るとともに、

アテネ以降の北島の苦しみが感じられました。

そして、本番に強い北島の秘密・・・

それは「負けを恐れない心」だ、と書かれていました。

「僕はずっと速かったわけじゃない。

 ずっと負け続けてきたんです。

 勝ち続けていたら、負けるかもしれないという恐れが

 芽生えるかもしれない。

 でも僕の場合は、負けたくはないと思っても

 負けたらどうしようなんて考えてことはありませんでした。」

という言葉が、とても心に響きました。

それにしても、今回の喜びようはとても感動的ではあったのですが、

200mには影響がないのでしょうか?

あれだけ感情を開放しきったあとに

再び戦う気持ちを前面に出していけるのであれば、

本当にものすごいことだと思います。

結果が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)