« 2009年に考えたこと (その8/10) | トップページ | 2009年に考えたこと (その10/10) »

2009/12/19

2009年に考えたこと (その9/10)

ここまできて、今年、僕が考えてきたことの芯の部分ははすべてです。

こうして、「今ここにある空間でやっている試合」というレベルで物事を考えようと思ったとき、
ここでもみかん集中法が役に立ってきました。

みかん集中法はいってみれば意識の外部化です。
自分の中にある意識を自分の外側に出してしまう作業です。
そう言う意味では I in me.からの脱却だと思います。

そして、みかんの位置から試合を俯瞰することは
 I in it.であるアウトプットの能力を飛躍的に向上させるのは今回お話ししたとおりです。

これをベースに
相手のことを考える I in you.
今、ここを考える I in now.へと考えを深化させていくことができれば、
試合におけるやるべきことはすべてだと思っていました。

はい、思っていました。

そう言う意味では、全日本ベテランのころには、
その状態を体感できていましたし、
再現性を生み出すための方法も作っていたので、
かなりいい状態でプレーができるのではないか、という自信も持っていました。


でも、それでは足りなかったんです。。。


そこには最後の1ピースが欠けていたのだと思います。
では、その最後の1ピースとは何か?


それは目的意識だったと思っています。
全日本ベテランに出場するという意識。
この試合に勝つ、という意識。
それが足りなかった。

正確にはそれよりも、自分の力を発揮することに力を注いでしまって、
勝利を置き去りにしてしまったのだと感じています。

ここまで書いてきたことはすべて、
自分の力を発揮するための、僕なりの手法です。
でも、手法だけではダメなんですよね。
そこには通すべき芯がないと。。。

それが「勝利への強い意志」だと思います。

そして、これが僕にとって、2010年の大きなテーマです。


正直言って、僕としては今年、テニスについてはかなりやり尽くした感がありました。
時間的にはまったくできていない、というレベルだったのですが、
こうして、テニスについての考えを深めていくことができました。
その課程で自分にとっての「答え」らしきものを
見つけることもできたと思っています。

2009年は「自分の持っている力を発揮すること」に費やした一年でした。
それを踏まえた2010年はどんなテーマの年になるのでしょうか?

おそらく、持っている力が発揮できるのであれば、
大きな”能力”を持っていた方が強いのは当たり前。


僕にとっての来年は地道に“能力”を高めて行く年だと思います。

さぁ、来年がどんな年になっていくのか?
今の時点ではまったく予想がつきませんが、
ワクワクする夢は持っています。
それを実現するために、また一歩づつがんばります。


あなたにとっての来年は、何を獲得して行く年になるのでしょうか?
それが何であれ、ワクワクするような目標をもってするテニスは
最高に面白いものであることは間違いないと思います。

一緒にテニス、楽しんでいきましょうね。。。

今年の終わりを迎えて・・・

たん ゆうき

|

« 2009年に考えたこと (その8/10) | トップページ | 2009年に考えたこと (その10/10) »

コメント

とても参考になりました。
野球からテニスに繋がったように
他の物事にも通じることだと思います。
欲しがれば逃げるみたいなことは
人間関係でも一緒ですしね(笑)

昨日はありがとうございました。
また、ご一緒したいです。
2009ブログお疲れ様でした!
では

投稿: co-1 | 2009/12/22 19:57

>co-1さん
コメントありがとうござます。
先日は楽しく飲めましたねぇ。
来年も一緒に飲みましょうね。

投稿: ゆうき | 2009/12/25 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63431/46991394

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年に考えたこと (その9/10):

« 2009年に考えたこと (その8/10) | トップページ | 2009年に考えたこと (その10/10) »