« 2009年に考えたこと (その4/10) | トップページ | 2009年に考えたこと (その6/10) »

2009/12/15

2009年に考えたこと (その5/10)

フォトフォーカス(ソフト・アイ)はぼーっと見ている状態のこと。

すなわちかなりのリラックスが必要なのですが、
身体にやらせるためのキーワードも、リラックスだったのです。

インナーゲームでは、身体にやらせるためのキーワードとして、
意識を別の何かに向けること、と
リラックスが必要だと書かれていたと思いますが、
(すいません、今手元にないので、僕の記憶なのですが・・・)
これが、みかん集中法とフォトフォーカスにぴたっとはまったのです。


つまり、頭の上のみかんを意識することで、セルフ1(意識)をそちらに向けておく。
そして、身体をリラックスさせてセルフ2(身体)に自由にプレーをさせるのですが、
このとき、目もリラックスさせてぼーっとした感じにすることで、
身体全体のリラックスにもつながったのです。

ボールを見ましょう、とはよく言われるのですが、
あまり見方までは考えないですよね。
で、よく見ようとするというのは、
歌舞伎役者のように目を見開いてボールを見ることだと感じてしまう(僕だけですか?)。

もちろん初心者のうちはそうやってでも、
ボールを見る習慣作りをすることが大切なのですが、
中級者から上級者へ、まして試合を戦おうとするプレーヤーが
そのままではいけないと思うのです。
だって、その見方は目の力みだから。。。

というわけで、フォトフォーカスを取り入れたところ、
自分の動きがとてもスムーズになって、
速いサーブにもかなり対応できるようになっていったのです。

つまり、目で見るのではなく、身体で感じる感覚に近づけていったのだと思います。

|

« 2009年に考えたこと (その4/10) | トップページ | 2009年に考えたこと (その6/10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63431/46991299

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年に考えたこと (その5/10):

« 2009年に考えたこと (その4/10) | トップページ | 2009年に考えたこと (その6/10) »