« お気に入りのグッズの選び方。 | トップページ | 東海中日ベテラン »

2009/06/15

メルマガNo190

 ☆☆ テニスの試合に勝ちたい社会人に贈る ☆☆
 ☆☆★★    1分間アドバイス  ★★☆☆   No.189

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  社会人テニスプレーヤーは、テニスの時間が限られてしまう。
┃     その少ない時間の中で、試合に勝てるようになるためには、
┃     正しく優れた情報と、少しの考える時間が必要です。
┃     このメールマガジンは、毎週末に1分で読めるアドバイスで
┃   あなたのテニスに刺激を与えます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
■□□  ぜひ取り入れてほしい3つのポイント □□■
□  いま僕が最も伝えたい3つのポイントです。

□  ●目線を水平に保って、肩のラインを地面と平行にして立つこと
□  >望みをかなえる脳  林 成之
□   http://tinyurl.com/bmx5rn
□  ●動き出しのときに、足をけらないこと
□  >「奇跡」のトレーニング  小山 裕史
□   http://tinyurl.com/6bxxxt
□  ●みかん集中法
□  >考える力がつくフォトリーディング 山口 佐貴子 照井 留美子
□   http://tinyurl.com/89zfyt
■□□

★1分間アドバイス★
あなたは、体の動きにブレーキをかけていませんか?


☆解説☆
前回、集中しているときの状態を色や形で表現しよう、
というアドバイスをしたのですが、
とても集中しているときには、
「体が勝手に動いている」とか、
「体が自然に動いている」といった感覚になるのだと思います。

逆に言うと、
自然に動ける体の状態になっている、のです。


自転車をイメージすると分かりやすいと思うのですが、
ペダルをこいでいくと、だんだん軽くなっていきますよね。
こげばこぐほど、自然に自転車が進んでいくようになります。

でも、ブレーキをきかせながらペダルをこいだらどうでしょう?

なかなか前に進まないのはもちろん、
どんなに頑張っても快適に進みだすことはないですよね。


これと同じことが、
テニスのプレー中にあなたの体に起こってはいませんか?
一生懸命体を動かそう、とする一方で、
体の動きを制限するようにブレーキを踏んではいないでしょうか?


体の動きを制限するブレーキ、とは一体何でしょう?


僕は、力みだと思います。

一生懸命動こうとして、かえって力んでしまう。
強いボールを打とうとするあまり、力んでしまい、
かえってスイングスピードが落ちてしまう。
頑張ろう、頑張ろうと思いすぎて、
かえって力んでしまって、動けなくなっていく・・・

こんな経験、皆さんにもあると思います。


でも、集中した時の状態をもう一度振り返ってみてください。
「体が勝手にうごいている」ような集中した状態のとき、
あなたの体はとてもリラックスしていたのではありませんか?


だとすれば、テニスのプレー中に余計な力みは必要ありませんよね。
ぜひ、一生懸命ペダルをこぐ一方で、
しっかりとブレーキをかけている状態から抜け出してくださいね。

あなたは、このアドバイスを、自分のテニスにどう生かしますか?

※感じたこと、考えたことを今週末のテニスで実践して下さい!!

|

« お気に入りのグッズの選び方。 | トップページ | 東海中日ベテラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63431/45346083

この記事へのトラックバック一覧です: メルマガNo190:

« お気に入りのグッズの選び方。 | トップページ | 東海中日ベテラン »