« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/15

メルマガNo190

 ☆☆ テニスの試合に勝ちたい社会人に贈る ☆☆
 ☆☆★★    1分間アドバイス  ★★☆☆   No.189

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  社会人テニスプレーヤーは、テニスの時間が限られてしまう。
┃     その少ない時間の中で、試合に勝てるようになるためには、
┃     正しく優れた情報と、少しの考える時間が必要です。
┃     このメールマガジンは、毎週末に1分で読めるアドバイスで
┃   あなたのテニスに刺激を与えます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
■□□  ぜひ取り入れてほしい3つのポイント □□■
□  いま僕が最も伝えたい3つのポイントです。

□  ●目線を水平に保って、肩のラインを地面と平行にして立つこと
□  >望みをかなえる脳  林 成之
□   http://tinyurl.com/bmx5rn
□  ●動き出しのときに、足をけらないこと
□  >「奇跡」のトレーニング  小山 裕史
□   http://tinyurl.com/6bxxxt
□  ●みかん集中法
□  >考える力がつくフォトリーディング 山口 佐貴子 照井 留美子
□   http://tinyurl.com/89zfyt
■□□

★1分間アドバイス★
あなたは、体の動きにブレーキをかけていませんか?


☆解説☆
前回、集中しているときの状態を色や形で表現しよう、
というアドバイスをしたのですが、
とても集中しているときには、
「体が勝手に動いている」とか、
「体が自然に動いている」といった感覚になるのだと思います。

逆に言うと、
自然に動ける体の状態になっている、のです。


自転車をイメージすると分かりやすいと思うのですが、
ペダルをこいでいくと、だんだん軽くなっていきますよね。
こげばこぐほど、自然に自転車が進んでいくようになります。

でも、ブレーキをきかせながらペダルをこいだらどうでしょう?

なかなか前に進まないのはもちろん、
どんなに頑張っても快適に進みだすことはないですよね。


これと同じことが、
テニスのプレー中にあなたの体に起こってはいませんか?
一生懸命体を動かそう、とする一方で、
体の動きを制限するようにブレーキを踏んではいないでしょうか?


体の動きを制限するブレーキ、とは一体何でしょう?


僕は、力みだと思います。

一生懸命動こうとして、かえって力んでしまう。
強いボールを打とうとするあまり、力んでしまい、
かえってスイングスピードが落ちてしまう。
頑張ろう、頑張ろうと思いすぎて、
かえって力んでしまって、動けなくなっていく・・・

こんな経験、皆さんにもあると思います。


でも、集中した時の状態をもう一度振り返ってみてください。
「体が勝手にうごいている」ような集中した状態のとき、
あなたの体はとてもリラックスしていたのではありませんか?


だとすれば、テニスのプレー中に余計な力みは必要ありませんよね。
ぜひ、一生懸命ペダルをこぐ一方で、
しっかりとブレーキをかけている状態から抜け出してくださいね。

あなたは、このアドバイスを、自分のテニスにどう生かしますか?

※感じたこと、考えたことを今週末のテニスで実践して下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/10

お気に入りのグッズの選び方。

まだ引っ張りますよ。

こうやって考えていくと、
試合に持っていくグッズの選び方も、
実はかなり大切なんじゃないかと思います。

もし、良いプレーのイメージが
「海のような」イメージだったら、
チェンジコートの時に使うタオルやジャグに海のイメージを思い出させるようなものを選ぶ、というように
自分の良いイメージを思い出させること、を意識してグッズを選ぶのも良いのではないでしょうか?


「燃えるような炎のイメージなら」そう言う絵柄のモノや、
赤いグリップテープをチョイスすればよいですし、
「クラッシック音楽のイメージ」なら、そういう音楽を聴きながら会場に行く、とか、
「レモンの香り」が良いプレーのイメージなら、
レモンの香りがする香水をタオルにかけておくとか・・・

自分の良いときのイメージを大切にして、
そのイメージを思い出させるものをテニスコートに持っていく。
そしてそれが目に入った時、においをかいだ時には、
良いプレーがイメージできれば、
かなり安定したプレーができると思うのですが、いかがでしょう?


よかったら、あなたのイメージを教えてください。
金曜日の記事「色や形で表現すると」のコメント欄にお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/06/09

なぜ「まっしろのぱふぱふ」なのか

このネタ、もう少し引っ張ります。

実は、グリップの持ち方を「まっしろのぱふぱふ」と思うようになってから、
かなり良いことに気がつきました。

それは、僕のグリップテープが白だということです。


ということは・・・

グリップテープを見ることで、
「まっしろなぱふぱふ」を思い出すことができ、
いつでもリラックスした感覚のグリップの握り方を思い出すことができる!!のです。

そして、その握り方の先には、
僕にとって、良いプレーができているときの感覚、
「透明のさらさら」が待っているのです。


というように連想をつなげていくことで、
僕にとっては、良いプレーのイメージを引き出すことが
かなり楽ちんになってきました。


あなたも、もし色で表現できるのであれば、
良いプレーのイメージや、グリップの持ち方の感覚を
色で表現してみて、
その色のグリップテープを巻くのは、
実はとても効果的なんじゃないかと思うのですが、どうですか?


よかったら、あなたのプレーのイメージを教えてください。
金曜日の記事「色や形で表現すると」のコメント欄にお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/08

涙出てきた。。。

週末はフレンチオープンの決勝戦を見ていました。
男女とも初優勝がかかった試合ということで、
すごい緊張感が伝わってきました。

特に、フェデラーは鬼気迫るものがありましたねぇ。。。
優勝の瞬間、ガッツポーズして感動する姿を見てたら、
ちょっと涙出てきちゃいました。。。
Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

実はもう一つあるんです。

金曜日から続いている、
色や形で表現する遊びですが、
実は僕にはもうひとつ、イメージしているものがあります。


それは、リラックスするスイッチです。

僕にとって、良いテニスができているときは
とてもリラックスができているときで、
そういうときには「透明のさらさら」になりやすいのです。

で、その時のグリップの握り方はとてもゆるいのです。
もう、持っているのかどうかが良く分からないくらい。

なので、そこにも色をつけておきました。

「透明のふわふわ」なプレーができるときのグリップは
「真っ白のぱふぱふ」です。

ぱふぱふって分かります?
ドラゴンボールのあれじゃないですよ…?
ベビーパウダーについてるこういうやつです。
B411600h_m2

こういうのの柔らかい感じでグリップを握っているイメージなんです。

これも僕にとっては大事なイメージ。
「緊張しているなぁ」とか、
「どうも力んでいるなぁ」なんて時には、
この「まっしろなぱふぱふ」を思い出すことで、
リラックスしていきながら、
「透明のさらさら」な世界に入っていくようにしています。

よかったら、あなたのイメージを教えてください。
金曜日の記事「色や形で表現すると」のコメント欄にお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/07

今週の一冊

▽▼▽今週の1冊▽▼▽
脳と心の洗い方

先週に引き続き、この本です。
もう一つだけ触れておきたかったのが、
今日のアドバイスの内容です。


集中した状態、とか、なりたい自分のイメージを、
五感をフルに使ってイメージをすると、
そのイメージがもつリアリティーが増していきます。

すると、そのイメージを思い出しやすくなりますし、
ただのイメージではなく、現実のものとなっていく。

という内容が、書かれているのですが、
これ、非常に参考になると思います。


最近テニスの中で、実際にぼくも試しているのですが、
非常に再現性が高くなる、という実感を持っています。

前回のテニスの良かったことを、
色や触感で表現しておくことで、
次にテニスをするときには、
その色や触感を思い出せば、
すぅっとその感覚を思い出していけるのです。

誰かに押しつけられた集中力のイメージではないですから、
自分のものにしやすいですし、
なおかつ素晴らしいのは、
さらに良い感覚になった時に、
「今までは海の水みたいな色だったけど、
 今日は真青な青空みたいで、すっごい集中できたなぁ。」
なんて、変化していくイメージとともに、
さらに高い集中力のイメージを強化していけるのです。

僕の場合は色と触感でしたが、
音やにおい、味の方が表現しやすい人もいるでしょう。

これ、本当に効果が高いと思っているので、
ぜひ一度試してみてくださいね。


よかったら、あなたのイメージを教えてください。
金曜日の記事「色や形で表現すると」のコメント欄にお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/06

昨日のメルマガはこんな感じ。

 ☆☆ テニスの試合に勝ちたい社会人に贈る ☆☆
 ☆☆★★    1分間アドバイス  ★★☆☆   No.189

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  社会人テニスプレーヤーは、テニスの時間が限られてしまう。
┃     その少ない時間の中で、試合に勝てるようになるためには、
┃     正しく優れた情報と、少しの考える時間が必要です。
┃     このメールマガジンは、毎週末に1分で読めるアドバイスで
┃   あなたのテニスに刺激を与えます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
■□□  ぜひ取り入れてほしい3つのポイント □□■
□  いま僕が最も伝えたい3つのポイントです。

□  ●目線を水平に保って、肩のラインを地面と平行にして立つこと
□  >望みをかなえる脳  林 成之
□   http://tinyurl.com/bmx5rn
□  ●動き出しのときに、足をけらないこと
□  >「奇跡」のトレーニング  小山 裕史
□   http://tinyurl.com/6bxxxt
□  ●みかん集中法
□  >考える力がつくフォトリーディング 山口 佐貴子 照井 留美子
□   http://tinyurl.com/89zfyt
■□□

★1分間アドバイス★
あなたの集中力、何色ですか?


☆解説☆
ヘンな質問ですねぇ。。。

でも、ちょっと考えてみてください。
今までで一番集中できた試合の時を・・・

その時の集中した感じは、どうでしたか?


例えば、色で表わすと何色ですか?
音楽で言ったら、どんな音楽ですか?
もし、さわれるなら、どんな感じしょうか?
そして、もしにおいがするなら、どんなにおいでしょう?

こんな風に、5感を使って表現してみてください。
勿論、味で表現してもよいでしょう。


そうすることで、次に集中するときは
その色や音、触感やにおい、を思い出せば、
その時の集中した感じを思い出せるようになるかもしれません。


要するに集中した状態に入るためのスイッチを持っておくのです。

これまでよく言われていたのは、
自分の動作とっくっつけることでしたが、
(たとえば、目線をガットに集中させる、とか)
この五感を使って表現するのも、
なかなか効果が高いです。


一度、ためしてみてはいかがですか?

あなたは、このアドバイスを、自分のテニスにどう生かしますか?

※感じたこと、考えたことを今週末のテニスで実践して下さい!!

★☆編集後記☆★
いまに集中する、の最後にちょっと変わったアプローチのアドバイスでしたが、
いかがでしょうか?

僕自身は、今までの集中したイメージは
まさにゾーンに入った感じで、
自分でプレーしていないで勝手に体が動くイメージでした。

でも、その状態を再現するのがなかなか難しい。。。
要するにうまくいく日と、そうでない日があって、
かなり不安定でした。

集中していくスイッチが、
ボールを見て、とかガットに視線を合わせて、というように、
自分の視線のコントロールしかなかったからかもしれません。

あるいは、今まではプレーしていく中で
集中力が上がっていくもの、と思っていたので、
良いプレーができていれば自然と集中できていくけど、
そうでないとなかなか集中できなかったのかもしれません。

でも、今回のアドバイスにあるように、
色や形、触感で表現していくことで、
次にプレーするときには、
その色や形、触感を思い出すことで、
いきなりかなり高い集中した状態で
スタートができるようになったと感じています。


遊びと思って一度やってみてくださいね。

よかったら、あなたのイメージを教えてください。
金曜日の記事「色や形で表現すると」のコメント欄にお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/05

色や形で表現すると・・・

今日のメルマガをさっき書いていたのですが、
僕の最近のイメージでは、
一番集中していて、良いプレーができる時のイメージは

「透明のさらさら」な感じです!!


って、力強く書いてみましたが、
けっこうはずかしいですね。。。


でも、僕にとってはとても大切なイメージで、
この「透明のさらさら」を思い出すことで、
良いイメージでプレーができることが多いです。


ちなみに僕のパートナー、たむちゃんのイメージは
「ぬた~~~ん」とのこと。

もうさっぱり分かりませんねぇ(笑)


でも、こうやって表現することで、
かなりイメージが強化されている気がします。


もしよかったら、
あなたのイメージも教えてください。
この記事のコメント欄に書きこんでもらえると、
みんなで共有できて、けっこう面白いと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »