« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/08

メルマガを見てきてくださった方へ

今回の実業団関連の記事は三部作です。

春の実業団、終戦(その1)
春の実業団、終戦(その2)
春の実業団、終戦(その3)

質問があればコメント欄に書いてください。
時間はかかっても、お返事はさせていただきます。


なるほど、参考になったと思ったときには
応援の1クリックをお願いします!!
人気blogランキング登録中です←応援してください

ちなみに今の順位が右側に出るようにしました→


※ 先日、「応援って何すればよいのですか?」ってご質問をいただきました。
  上のリンクをクリックを押すと人気blogランキングのページに移ります。
  それだけで、このblogにランキングのポイントが加算されていく仕組みです。
  (ひとつのパソコンからは1日1クリックまで、1週間の合計でランキングが決定)
  1クリック10ポイントが加算されていって多くのポイントが加算されるほど
  ランキングの上位に表示される仕組みになっています。
  ちなみにこのblogは「テニスがうまくなりたい」というタイトルで登録されています。
 

   というわけで、読んだ記事の内容が気に入ったときには1クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/05/07

春の実業団、終戦(その3)

さらにつづきです。

最後にもう一つ書こうと思っているのですが、
それはこれまでやってきたことの成果が出たことではなく、
今回の試合を通して学んだことです。

それは気持ち良くプレーする、ということの放棄です。


試合中に気持ちよくプレーをする自分を
追いかけるのをやめたのです。

別にぐちゃぐちゃでもいいや、
なんか打感が気持ち悪いけどいいや、
なんか、スムーズに動けなくて気持ち悪いけど、いいや。
というように、自分的にはうまくいっていない感じでも、
求める結果が出ているときに、
「じゃぁ、とりあえずはいいや」って割り切れるようになったこと。

さらに言えば、
自分がやりたいプレーとはまったく違う、
むしろやりたくないプレーだし、
自分はぜんぜん自信がないんだけど、
相手がいやそうだからそのままやり続けてみる。
という感覚がもてたかなぁ、なんて感じています。

いい意味で自分のこだわりがなくなったというか。。。


まだうまく表現できないのですが、
これはかなり試合において大事な切り替えポイントだと思っています。


自分の打つボールやフォームがしっくりこないと、
どうしても自分の意識がそこに向かってしまうじゃないですか?
でも、試合に勝つためにそれを捨てる必要があれば、
素直に捨てれるようになることは大事なことだと思うんですよね。

昔、練習をしっかりして試合に出ていたときにはこういう感覚があったんですけどね。
やはり練習量が減ると、不安感が勝ってしまって、
スパッと捨てれない自分がいるんですよね。

でも、今回はそれが上手にできたかな、と思っています。


以上、今回の実業団のまとめでしたが、
読んでくださった方は分かると思うのですが、
僕にとっては今回は試合の結果以上に手ごたえがあった試合となりました。

このまとめから何か皆さんのヒントになればいいな、と思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/06

春の実業団、終戦(その2)

昨日のつづきです。

つぎに、試合について自分の中で変わったと思ったことは、
試合中、かなりボーっとしているということです。

もちろんいい意味で。。。


なんていうか、力みがないというか、
自然体でプレーに入れたことがとてもよかったことだと思っています。

メルマガでも下記のようにさんざん紹介しているのですが、
■□□  ぜひ取り入れてほしい3つのポイント □□■
□  いま僕が最も伝えたい3つのポイントです。

□  ●目線を水平に保って、肩のラインを地面と平行にして立つこと
□  >望みをかなえる脳  林 成之
□   http://tinyurl.com/bmx5rn
□  ●動き出しのときに、足をけらないこと
□  >「奇跡」のトレーニング  小山 裕史
□   http://tinyurl.com/6bxxxt
□  ●みかん集中法
□  >考える力がつくフォトリーディング 山口 佐貴子 照井 留美子
□   http://tinyurl.com/89zfyt
■□□
そのなかでもフォトリーディングでのみかん集中法と、
フォトフォーカスはかなり使えたなぁ、という印象があります。
ボールを見すぎることなく、感じることができたというか・・・

立ち方も自然で力みがないし、
だから動き出しもぎくしゃく感がなく、とてもスムーズで。。。

自分で振り返ってみても、
不思議なくらい自然体に近い状態でプレーができたと感じています。

これまでも練習ではうまくいっていたのですが、
試合の中でできて、しかも今大会中、
かなり再現できたことはとても自信になりました。

そして、もうひとつ。。。
は、明日。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/05

春の実業団、終戦(その1)

久々の更新です。。。。

今季の実業団が終戦しました。
チームは4戦全勝で、来期は2部昇格が決定!!
僕自身はダブルスは4戦全勝。
シングルスは3戦に出場して2勝1敗と、まずまずの結果が出せました。


昨日は深夜までパートナーのたむちゃんと語っていたのですが、
今回の実業団で感じたことをまとめておこうと思います。


まず、今回の試合で最も良かったことは競った試合をものにできたこと!!

特に、ファイナルセットでのサービング・フォー・ザ・マッチのゲームを
しっかりとキープできたことが最大の収穫でした。

自分の中での課題でもあったし、
メルマガでも、ビビりの克服について書いていたこともあって、
一番競った大事な場面でよいメンタルを発揮できたことがとても自信になりました。

意識したポイントは
1、落とさないようにプレーするのではなく、
  勝ち取るためにチャレンジしていく気持ちでプレーをすること。
2、でも、プレー自体はセーフティーに!!
3、競った試合を楽しむこと。
の3点です。

とくに、楽しむことは非常にうまくやれたかな、と。
そもそも試合をしていて、
競り合う相手と試合ができることじたいが貴重な経験だし、
だからこそ、試合を楽しみたいと思えたことが、
良い結果につながったと思っています。


いつもそう思おうとはしているのですが、
今回は自然とそう感じられたのが、
とても大きな成果だったなぁ、と。

ひとつ壁を超えた気分です。

という訳で、続きはまた明日。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »