« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/14

ミスから学ぶ

 ☆☆ テニスの試合に勝ちたい社会人に贈る ☆☆
☆☆★★  1分間アドバイス  ★★☆☆ No.174

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃ 社会人テニスプレーヤーは、テニスの時間が限られてしまう。
┃     その少ない時間の中で、試合に勝てるようになるためには、
┃     正しく優れた情報と、少しの考える時間が必要です。
┃     このメールマガジンは、毎週末に1分で読めるアドバイスで
┃ あなたのテニスに刺激を与えます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
■□□  ぜひ取り入れてほしい3つのポイント □□■
□  いま僕が最も伝えたい3つのポイントです。

□  ●目線を水平に保って、肩のラインを地面と平行にして立つこと
□  >望みをかなえる脳  林 成之
□   http://tinyurl.com/bmx5rn
□  ●動き出しのときに、足をけらないこと
□  >「奇跡」のトレーニング  小山 裕史
□   http://tinyurl.com/6bxxxt
□  ●みかん集中法
□  >考える力がつくフォトリーディング 山口 佐貴子 照井 留美子
□   http://tinyurl.com/89zfyt
■□□

★1分間アドバイス★
ミスから学ぶことが大切。
そして効果的。


☆解説☆
さて、前回紹介したdifferent思考。

これを活用することであなたは失点を受け入れることができるようになると思います。
失点に対して感情的に反応すると、
続けてポイントを失ってしまう可能性が増えてしまいますが、
失点に対してdifferent思考をすることができると、
失点は自分の間違いを教えてくれるもの、
と考えることができるので、
修正ができるようになり、
次にはポイントを取る可能性が高くなってくるでしょう。


基本的にテニスの試合はポイントの積み重ねですので、
ポイントが進んでいくにつれて、
ミスを続ける可能性が高くなっていくのと、
ポイントを取る可能性が高くなっていくのと、
どちらが勝利につながるかは・・・

簡単に分かると思います。


ぜひプレーにdifferent思考を取り入れて、
ミスから学ぶ姿勢をもってほしいとおもいます。

あなたは、このアドバイスを、自分のテニスにどう生かしますか?

※感じたこと、考えたことを今週末のテニスで実践して下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスがもっとも学びになる

▽▼▽今週の1冊▽▼▽
2月11日にフォトリーディングのセミナーに行ってきたのですが、
そのなかで脳についての話がありました。


特に面白かったのは、
脳の学習効率についての話です。

結果が正しかった時よりも、
結果が間違いだった時の方が、
より学習効果が高いということでした。

つまり、間違いから学ぶ姿勢を持つことで、
より多くの学びが得られるということ。

だから、積極的に間違えてその間違いから学びましょう、
というような内容だったのですが、
これってそのまま今日のアドバイスだと思います。


テニスはミスや失点がつきものです。
そのミスや失点から腐ってしまうのか。
学んでいくのか・・・?

しかも学ぼうと思えば、
脳は多くのことに気づいてくれるのに・・・。


ぜひ感情を揺さぶられることなく、
ミスや失点を受け入れて、そこから何かをつかんで欲しいと思います。

そうすると、より積極的なトライができるようになるはず。
だって、うまくいけばポイントが取れるし、
ミスが出てもそこから多くが学べるんですから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »