« 大切なお知らせ | トップページ | メルマガNo161 »

2008/11/01

前略、がんばっているみんなへ

▽▼▽今週の1冊▽▼▽
今回はオリンピック金メダリストの北島康介選手の本です。


この本、スイミングマガジンでの連載をまとめたもの
プラス、コーチである平井伯典さんがこれまでを簡単に振り返る
といった内容です。

テーマとしては「これからスイミングを頑張る子どもたち(それと両親)へ」
ということなので、ひっじょうに分かりやすく書かれていますが
それだけに伝えたいことがよく伝わってくる気がしました。


それにしても水泳という競技はどんどん新しい選手が出てくる気がしていたのですが、
子供の目を水泳に向けよう、
競技を目指す子供たちをサポートしよう、という姿勢が強いのだなぁ
なんて感じました。

テニス界ももっと頑張らなきゃいけないと思うのですが・・・


以下僕が気に入ったフレーズです。

>常にレースではすべての力を出し切っていた
>人のまねをするのではなく、自分のレースをすることが大切
>レースは招集所から始まっている
 :自分自身のレースをすることが大切
>勝負できなければ楽しくない
>康介の目の強さ
>壁に当たってもめげない。
 簡単に越えられるもの、苦しかったりつらかったりで
 なかなか超えられないものが出てくると思うけど、
 でもそういう壁があると人間として大きくなれると思う。
 その壁を越えていくと、
 苦しいこともだんだん楽しくなっていくんじゃないかな

|

« 大切なお知らせ | トップページ | メルマガNo161 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63431/42959958

この記事へのトラックバック一覧です: 前略、がんばっているみんなへ:

« 大切なお知らせ | トップページ | メルマガNo161 »