« ひっさしぶり | トップページ | 非常識経営の夜明け »

2008/10/24

集中力を図で考えよう

今回のメルマガも図で書いてみました。

ただ今回は前日ではなく当日のつくりになってしまったので
大慌てです。


Photo


前回も書いたとおり、
右の図のようにメンタルを広げることができると、
試合のコントロールが効いてきます。

メンタルを広げるというのは
意識を広げることと同じこと。

緊張したり、ミスを引きづったりしているときは、
メンタルが小さくなっている証拠ですから、
図のように大きなメンタルをイメージして、
相手やテニスコート全体を包み込むイメージで
意識を広げていくとよいと思います。

実際に視野を広げていくのも効果的!!

コートの周辺のフェンスや木々、空などを
眺めてボーっとするのも有効だと思います。


Photo_2


逆に、意識が散漫になりすぎてしまうケースも
よくあります。

そんなときには左の図のように
意識を狭めていくことで集中力を高めましょう。

ポイントはボールに向けて狭めていくこと。

自分のことやショットのことが気になりだすと
メンタルが縮んでしまうというのは
何度も言ってきたことですが、
それは意識が内向きになってしまうから。

意識が向かう対象は、
あくまでも自分の外側にあるもの
に向けていくのがよいと思います。

特に実際のプレー中やプレー前には
こんな感じで意識を狭めていくとよいですね。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
なるほどねと思ったら1クリックをお願いします!!
人気blogランキング登録中です←応援してください

今回の図やアドバイスへの
ご意見・ご感想・ご質問はこちらの記事への
コメントにお願いします。

ご自分のブログで書かれるときには
TBしていただければ
時間のある時に見に行くようにしますhappy01(←初絵文字です)

|

« ひっさしぶり | トップページ | 非常識経営の夜明け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63431/42887363

この記事へのトラックバック一覧です: 集中力を図で考えよう:

« ひっさしぶり | トップページ | 非常識経営の夜明け »