« 出版記念パーティー | トップページ | 大切なお知らせ »

2008/10/27

メルマガNo160 集中力を図で考えよう

 ☆☆ テニスの試合に勝ちたい社会人に贈る ☆☆
 ☆☆★★    1分間アドバイス  ★★☆☆   No.160
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  社会人テニスプレーヤーは、テニスの時間が限られてしまう。
┃     その少ない時間の中で、試合に勝てるようになるためには、
┃     正しく優れた情報と、少しの考える時間が必要です。
┃     このメールマガジンは、毎週末に1分で読めるアドバイスで
┃   あなたのテニスに刺激を与えます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
  ■□□  お勧めの一冊!! □□■
  □  スポーツラーニングの最新作がDVD付きで登場!!
  □
  □  スウィングは骨を動かせ!! (よくわかるDVD+BOOK)
  □  
  □
  □  打ち方に悩んだら、ぜひ読んでみてください。
  ■□□

★1分間アドバイス★
テニスの試合の全体像を考える~その4

☆解説☆
前回ブログにのせた図は僕が思っていた以上に分かりやすかったみたいで、
とてもうれしかったです。

で、今日ももう一度図を載せておきました。
http://tinyurl.com/5r8tsc


というのは、僕自身、前回の図を見ていたら、
ふとした事に気がついたのです。

強いメンタルを持つというのは大きなメンタルを持つということ。
つまり、意識を広げることがメンタルの大きさを広げることにつながります。


自分の意識が広がっていって、
自分の体のことやショットのことはもちろん、
ボールも相手も、コートやその周辺の出来事までも、
包み込むようになる。

そんなイメージを持ってプレーをしていると、
ちょっとしたことでは動じない強いメンタルで試合ができるので、
不思議と試合のコントロールが効いてきます。

でもそれだけではないんです。


そうやって広げた意識を、
実際にプレーをするときにはググッと狭めてみましょう。

何に向かって・・・?


ボールに向けてです。


大きく広げたメンタル(意識)をボールを対象にして狭めていく。
これが集中していくイメージだと思います。

すると、その前にメンタルが広がっていればいるほど、
ボールに集まる意識の密度が濃くなりますよね。
(分かりづらいかもしれませんが、
 ふたつ目の図では色を濃くして、
 集中力が高まっていくことをイメージしてみました。)


こんな風に、
強いメンタルは意識を大きく広げていくイメージ、
高い集中力は、ボールに向けて意識を狭めていくイメージ、
というようにふたつのイメージを持っておくと、
試合中に適切なメンタリティーが作りやすいのではないかと思います。


(ご意見やご感想などがあれば、
 ブログのコメントにお願いします)

あなたは、このアドバイスを、自分のテニスにどう生かしますか?

※感じたこと、考えたことを今週末のテニスで実践して下さい!!


最後まで読んでくださってありがとうございます。
応援の1クリックをお願いします!!
人気blogランキング登録中です←応援してください

※ 先日、「応援って何すればよいのですか?」ってご質問をいただきました。
  上のリンクをクリックを押すと人気blogランキングのページに移ります。
  それだけで、このblogにランキングのポイントが加算されていく仕組みです。
  (ひとつのパソコンからは1日1クリックまで、1週間の合計でランキングが決定)
  1クリック10ポイントが加算されていって多くのポイントが加算されるほど
  ランキングの上位に表示される仕組みになっています。
  ちなみにこのblogは「テニスがうまくなりたい」というタイトルで登録されています。
 

   というわけで、読んだ記事の内容が気に入ったときには1クリックお願いします

|

« 出版記念パーティー | トップページ | 大切なお知らせ »

コメント

試合中、コートサイドにいる友人や知人と目を合わせないというのも意識を広げていない証拠でしょうか?

投稿: oyaji | 2008/10/28 18:28

>oyajiさん
 いつもありがとうございます。
 もちろんコートサイドの人が視界に入れば
 意識が広がっている証拠ですよね。
 ポイントはそれが必要な状況かどうか?だと思います。
 
 すっごい重要な場面で集中していこうとしているのに
 目が合うのは、集中力の妨げですし、
 逆に、緊張したりミスを引きづったりしているときには
 いい気分転換になるかもしれませんよね。

 意識を広げてメンタルを大きく、
 意識を狭めて集中力をアップ、
 両方をうまく使い分けたいですね。

投稿: たんたん | 2008/10/29 05:59

『意識を広げてメンタルを大きく、
 意識を狭めて集中力をアップ、
 両方をうまく使い分けたいですね。』
というのが、とても参考になります。
いままではどちらか片方だけでしたので、
来週の試合で試してみます。
ありがとうございます。

藤田コーチとお二人のビデオレッスンを知り合いに勧めています。あまり知られていないタッチのボレーの必要性に納得しています。

投稿: | 2008/10/29 10:06

>oyajiさん
 ありがとうございます。
 試合がんばってくださいね。
 
 ビデオはなかなか撮影ができなくて
 進まないのですが、
 いずれまた、次をやりたいと思っているので、
 よろしくお願いします。

投稿: たんたん | 2008/10/31 06:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63431/42887418

この記事へのトラックバック一覧です: メルマガNo160 集中力を図で考えよう:

« 出版記念パーティー | トップページ | 大切なお知らせ »