« リカバリーショット | トップページ | 感性 »

2008/02/27

決断とカン

「なぜ、その一球を選択したのか」
「なぜ、他のモノは捨てたのか」を
明確に認識してこそ、プロフェッショナルと言える。(p13)

~「一球入魂」が持つ本当の意味~

「第六感」と「ヤマ勘」は違う。
第六感は執念のヒラメキ。
相手を知り、己を知り、過去のデータを分析し、
その状況に合わせて出てくるモノで、根拠がある。(p214)

~1963年に当時の日本新記録となる年間52本塁打を放った試合を振り返って。
 経営の神様と言われた松下幸之助もこう言っている。
 「“勘”というと一般的になんとなくあいまいなもののように思われるけど、
 習練を積み重ねたところから生まれる“勘”というものは、
 科学も及ばない正確性、適格性を持っている。
 そこに、人間の修練の尊さというものがある。」


勝負師と言われる人たちは一様に鋭い勘を持っている気がします。
他人が見ていると
「なぜ?」
「どうして?」というような決断をしてしまう。
でも本人としては根拠のある直感が働いているんでしょうね。

上の二つの文を読んでそんなことを感じました。

そういうのが感じられるようにならないといけませんね。。。


現在、東北楽天ゴールデンイーグルスで監督をしている野村さん。
個人的に大好きな人です。

考えが深いんですよね。

この本はそんな野村監督の言葉を集めた名言集です。
特にリーダーとしての在り方について多く集められていますが、
自分を高めていく方法についても多く掲載されています。


上に書いた文章はその中からの引用です。

↓この本も非常に面白かったです。
憎まれ役
彼らが憎まれ役になるのには理由がある。
それは自分なりの信念を持っているからだと伝ってきます。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
応援の1クリックをお願いします!!
人気blogランキング登録中です←応援してください

※ 先日、「応援って何すればよいのですか?」ってご質問をいただきました。
  上のリンクをクリックを押すと人気blogランキングのページに移ります。
  それだけで、このblogにランキングのポイントが加算されていく仕組みです。
  (ひとつのパソコンからは1日1クリックまで、1週間の合計でランキングが決定)
  1クリック10ポイントが加算されていって多くのポイントが加算されるほど
  ランキングの上位に表示される仕組みになっています。
  ちなみにこのblogは「テニスがうまくなりたい」というタイトルで登録されています。
 

   というわけで、読んだ記事の内容が気に入ったときには1クリックお願いします

|

« リカバリーショット | トップページ | 感性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63431/40273404

この記事へのトラックバック一覧です: 決断とカン:

« リカバリーショット | トップページ | 感性 »