« 絶対に勝て!! | トップページ | 2ヶ月 »

2006/10/15

他のメルマガでもオシムが・・・

ちなみに、こちらのメルマガにも「オシムの言葉」が紹介されていました。
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』27,956部 まぐまぐID:0000094236


このメルマガは僕が始めてとったメルマガだったのですが、
それから読者が2万人近く増えています。

ちょっとびっくりです。

このメルマガの発行者:本のソムリエさんが書いた無料レポートはこちら
『一日一冊読みながら、メルマガを毎日発行する私の方法』

どうすれば一日一冊読めるのか。
どうすれば購読者2万部のメルマガを毎日発行できるのか。
本のソムリエが、その秘密をすべて暴露します。
http://mailzou.com/get.php?R=1738&M=1506

そのときの編集後記がこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記         【日記】 http://plaza.rakuten.co.jp/japantn/
───────────────────────────────────


今日の「オシムの言葉」は考えさせられる一冊でした。

オシム監督はとにかく批判に強いのです。
それはなぜかといえば、考え抜いた方針があり、信念があるからでしょう。

この本を読んで、私は自分の体験を思い出しました。

カザフスタンでは日露通訳と一緒に仕事をしているのですが、
あるとき相手側の言っていることと、矛盾する事象が起きたのです。

そのとき私は、通訳に対して次のように言いました。
「私が聞いていることと話が違う。確認してほしい。もし、本当なら、
 これは、相手がウソを言ったか、通訳がうまくなかったかだ」

ここで突然、通訳のリーダーが
「そんな言い方しないでください!」
と怒ったのです。

私はすぐに「悪かった」と謝りました。
(突然怒られて、びっくりしたということもありますが・・・)

通訳のリーダーが怒ったのは、一生懸命通訳しているのに、
そんな言い方はないでしょう、というものだったのでしょう。
それはもっともなことです。

しかし、もし私に
「通訳はプロであり、プロとしてよい仕事をしてもらいたい」
という信念があり、その信念に基づいて発言していたとすれば、
すぐには謝らなかったでしょう。

すぐに謝ったということは、
「通訳が気分を害することを知った上で、あえて通訳に苦言を言うのだ」
と、そこまで考えて抜いていなかったということなのです。


そういう意味で、オシム監督のサッカーへの情熱はすごいし、
まだ、自分には不足しているものを感じました。

そして、それを伝えることのできる木村元彦氏の筆力にも脱帽です。
=================================================

「オシムの言葉」はいろいろと考えさせられることは間違いなさそうです・・・

いつもこのブログに遊びに来てくれてありがとうございます。
応援よろしくお願いします!!
人気blogランキング登録中です←応援してください

|

« 絶対に勝て!! | トップページ | 2ヶ月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63431/12259023

この記事へのトラックバック一覧です: 他のメルマガでもオシムが・・・:

« 絶対に勝て!! | トップページ | 2ヶ月 »