« メルマガ補足(No57) | トップページ | そういえば、 »

2006/09/12

さらに補足~打点の話

今回のメルマガでは打点の話が結構でてきてます。

「打点をひきつけて打つ」
「できるだけ前でさわる」
「打点をひきつけて体をネットに近づける」

などが打点に関する記述ですが、
ちょっとまとめておきましょう。

僕が“打点”について大きく二つの意味があると思っています。
ひとつは体に対する“打点(だてん)”、
もうひとつはコートのどこで打つのかという意味での“打点(ダテン)”です。
( )内よみがなをひらがなとカタカナで書いているのはふたつを分かりやすくするためです。。。

そして、ネットに行くときには、このふたつの打点を意識するべきだと思います。
早くネットの良いポジションにつきたい、
早くボールに触って相手の時間を奪いたい
ならば、コートのできるだけネットに近い打点(ダテン)で打つべきでしょう。

しかし、早くネットの良いポジションにつきたい場合は
体がよりネットに近づいてから打ったほうが、
より早く良いポジションにつくことができますよね。
ですから、体に対しての打点(だてん)はできるだけひきつけてから打ったほうが
効果的です。

逆に、早くボールにさわって相手の時間を奪いたいときには
コートに対する打点(ダテン)も、体に対する打点(だてん)も
前であるほうが、より効果的に相手の時間を奪うことができますよね。

これって、結構細かいことですけど、
ポイントを有利に進められるかどうかを左右する
重要な要素だったりすると思います。
(初心者・初級者の方はこんなマニアックな話は気にせず、
 自分の打点で良いボールを打つことに専念してほしいと思いますが・・・)


というわけでふたつの打点について
簡単に書いてみたのですが、どうでしょう?


ちなみに、体に対する打点(だてん)は、
スイングの仕方や打つ球種に大きく影響します。

それはまた次回ということで・・・


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

|

« メルマガ補足(No57) | トップページ | そういえば、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63431/11863579

この記事へのトラックバック一覧です: さらに補足~打点の話:

« メルマガ補足(No57) | トップページ | そういえば、 »