« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/23

先週末

先週末はコツコツ練習しました。

改めてしっかりと意識して練習してみると、
自分の感覚の鈍さにびっくりしてしまいます。

具体的には、打ったあと次に備えることがうまくできていません。
昨年も悩んでいた感覚なのですが、
ラリー中に空白の時間ができてしまう感じなのです。

ボールをしっかり打とうとすると
打ったあとにボールを見ていくのがおろそかになってしまい、
目をボールから離さないようにすると、
体が次に備えるのが遅くなり、
速く次に備えて準備しようと思うと、
体に力が入ってしまって、かえって動き出しが遅くなってしまったり・・・

まだまだ、自分の持っているキャパシティーが不足している感じがしています。


でも、去年も「だめだ、だめだ」と思いながら練習しているうちに、
いい感覚が出来上がってきたので、
このままコツコツ練習していきたいと思います。

それにしても、こうしてしっかりと練習をしていくと
もっともっとテニスがやりたくなってきてしまいますね。
次はこうしたらどうだろう!?
こんな感覚でやったらいいんじゃないか?
などとアイディアが出てきて、ワクワクしてしまうんですよね。

ちなみに、今は
ボールを自分の近くで見るのではなく、相手のほうからしっかりと見ること。
体をリラックスさせておくこと。
を特に意識しているのですが、
打点をもう少し前にしてボールを打ちにいきたいとも思っています。
あーー、テニスやりたくなってきた!!


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/21

WBC優勝!!

WBCで、日本が優勝しました!!

思わず11時から見てしまいましたが、
すばらしい試合で、日本は勝利をしたと思います。

特に印象に残ったのは、6回・7回の日本の守備の中で、
これまですばらしい守りを見せてきた川崎選手が
思わぬエラーを連発したことです。
この試合の中で選手たちがすごい緊張感のなかで戦っていることが
感じられました。

そして、1点差に詰め寄られて迎えた9回に見事に得点を重ねて
キューバを突き放したことにも、
選手たちの戦う気持ちが強く感じられました。


試合の勝敗を分ける要因はさまざまありますが、
勝つためには“勝つ”という強い気持ちが絶対条件だということ、
そして、緊張感の中で勝つためには
最後まで攻める気持ちを失わないことが大切だということを、
感じることができた試合でした。


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/17

反省。

今日はなんとなく朝早くから目が覚めてしまいました。
寝たのは遅かったのですが・・・
昨日はスポーツラーニングのミーティングがあったのですが、
いろいろと考えさせられる内容だったからかもしれません。

ミーティングの内容はここではかけませんが、
今の自分にとって非常に価値あるミーティングだったと思っています。
(あにき&きむきむ、ありがとうございました。)


朝起きて、去年の自分のブログをちょっと読み返してみました。
去年の夏までに自分がテニスについて考えてきたことが
よくおもいだせました。

去年は自分に足りないものを見つける作業の繰り返しでした。
それまでのプレースタイルからの脱皮を図りました。
ストロークの打ち方にも悩んでいました。
ラリーがうまくいかないことへの苛立ちもありました。
試合の中で思うようにプレーできないことを悩んでいました。
そうしたことに真剣に向き合った結果として、
夏の選手権でこれまで以上のパフォーマンスを引き出せたのだと思います。

今年は、すでに身につけたものを、より深めていく段階です。
確かに去年のこの時期よりもいいプレーができていると思います。
ですが、なんとなく物足りなかったのです。

その理由が、去年を振り返ってみてはっきりと分かったような気がします。

単純に、ひとつひとつのプレーが雑なのです。
去年真剣に悩んでいたことに、
今年は真剣に取り組んでいないのです。
簡単に言えば、
「なんか調子悪いけど、まぁ、いいか。
ちゃんとやれば、大丈夫だろう」って
心のどこかで思っているような感じなのです。
だから、手ごたえが感じられなかったのだと思います。
どこかで、今の状態に満足してしまっている自分がいるのかもしれません。

昨日のミーティングで、
そんなことに気がつかされました。

そんなわけで、今日はものすごくテニスがしたい気分なのですが、
残念ながら、朝練もありません。
早くテニスがしたいなぁ・・・


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/14

2軸で歩く

土曜日に「世界一受けたい授業」の中で、
正しく歩くというコーナーがあり、
元オリンピック選手であった高野進さんが、講師としてお話をしていました。

簡単に言うと、
日本人の9割以上が正しい歩き方をしていない
正しい歩き方とは、体の中心に軸が一本あるイメージで歩くことではなく、
左右の足にそれぞれ軸があるように意識して、2軸で歩くことだ
というようなことでした。

これを、もう少し具体的に考えると、
まっすぐ立つときにはそれぞれの足の上にそれぞれの股関節と肩甲骨が乗っている
歩くときや走るときにもその状態を作るように意識するということだと考えました。

右足を出すときには、その上に股関節がしっかりと移動するようにする。
そのとき、肩甲骨もその上に来るようにして、そこに1本の軸を作る。
次に左足を出すときにも・・・・
というように、意識してランニングをしたところ、
最近走ると痛くなっていた腰の痛みが出ないのです!!

これまでは体をひねるような動きが多すぎたのかもしれないですね。

この2軸の歩きをしばらく意識してみようと思います。

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/03/09

試合中の公式

ちょっと遅くなりましたけど、
今月もテニスジャーナルとテニスクラッシックに
再び黒岩とたむちゃんが連載をしていますので、
良かったら読んでみてください。

黒岩の記事のほうには
試合中の考え方として、ある公式が載っています。

自分を知る×相手を知る=再び自分を知る

この公式はすごく役に立つと思います。
最近のメルマガにも、これにかかわるものが多いのですが、
詳しくは・・・
テニスジャーナルを読んでみてくださいね!!

近々、メルマガでもぱくります・・・

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/06

WBC負けちゃったね

この3日間、WBCを見てました。

韓国戦は・・・
見てて非常に緊張感があって面白かったんですけどね。
見事なファインプレーと、逆転ホームランでやられてしまいました。

ファインプレーでグッと流れを引き寄せた韓国。
大事なところでバントを失敗した日本。
というのが、結果的にはポイントになりましたね。

テニスでもそうですが、流れを失うのは自分の不用意なミスから。
というのはよくあること。

一度失った流れを取り戻すのは大変だ!!
というのを感じた試合でした。

アメリカでの本大会でがんばれ!!
王ジャパン!!
って感じですね。

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/02

トリノの次は・・・

3月に入って少しづつスポーツシーズンが本格的に始まってきますね
特に3月には野球のWBCが行われますね
サッカーのワールドカップもありますね

普段、野球やサッカーはほとんど見ないのですが、
こういった、国を背負って戦う大会はけっこう興味があります。
やっぱり、ああいった国を代表して戦う緊張感の中でのプレーにこそ、
それぞれの選手の真実の姿が見えるような気がして、
とても興味がわくのです。

人間だれでもそうだと思うのですが、
緊張をしたり、苦しい場面でどれだけの結果が出せるのかということを
問われることが多いと思うのです。

そうした中で、トッププレーヤーたちは時に
大きな失敗をしたり、実力をフルに発揮できなかったり・・・
あるいは逆に普段どおりの力を出したり、
場合によっては実力以上の力を発揮したりします。

そういった結果をもたらすのは、いったい何なのか?
もちろん、気持ちやメンタルもあるでしょう。
フィジカル的な準備もあるでしょう。
そういった背景を知りながら試合を見ると・・・
とても面白いですよね。
そして、そのまま真似はできないけれど、
とても参考になるヒントが多くある気もします。

こういった、大きなイベントではそれぞれの選手たちの背景が
大きく扱われることが多いので、そういった面で、とても楽しみです。

そういえば、トリノの特集記事などもそろそろ出るころですね。
楽しみ楽しみ!!

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »