« 1月・・・ | トップページ | 殻の中 »

2006/02/01

ボビー・・・

といっても最近お騒がせなオロゴンの方ではありません
ロッテマリーンズのボビー・バレンタイン監督の方です。


結構前に買っていたのですが、そのまま放置・・・
ようやく昨日本棚から引っ張り出して読んだのがこちら

こういう本、大好きなんですよね。
以前に紹介したイチローの本もそうですが、
いろいろな意味を集約させたひとことと、
その言葉の説明と、というスタイルがとても好きです。
(いちおうメルマガもそこを目指してはいるのですが・・・)

なかでも、プロローグとPART1は考えさせられる言葉が多くありました。

ちょっと、プロローグから抜粋・・・
>以下引用です。

私は、生きることは挑戦だと思っています。夢を見て、それを実現させるために
努力している時に「生きている実感」を感じます。もちろん、夢を追いかける時には、
さまざまな現実が立ちふさがるでしょう。現実は、夢見る者に挫折感を強いる
こともあります。よく、監督としての私の手腕を「マジック」と評する人がいますが、
私は夢を実現するためのマジックなどないと思っています。現実を無視した奇跡
など起こせません。奇跡を起こせるとすれば、それは「現実的な努力」だけです。
夢をつかむには「現実的になる」こと。ただし、それは「現在の自分」の力から
判断して「未来の自分」の可能性を諦めるということではありません。その反対です。
「諦めないため」にはどうしたらいいのか、今の自分には何ができて、
何ができないのか、そういうことを自覚し、目標を立てて努力するということが
「現実的になる」ということです。仮に夢が実現しなくても、挑戦したことが
生きた証になるはずです。恥じることはないし、悔いがあるなら、
チャンスがあるかぎり、また違う夢を追いかけて努力すればいい。
努力という言葉はちょっと「めんどくさい」でしょうが、生きるということは「めんどくさい」
ことから逃げないこと、だという気がします。生きているかぎり、自分自身を、
自分の人生を諦めないでください。

>ココマデ
このプロローグの一文、
とても腑に落ちる言い方、内容だったんです。
(ボビーに惚れてしまいそうです・・・)

今の自分にはとてもよい出会いだった気がします。

この言葉をかみ締めて2月のスタートを切ろうと思います。

(ほかにも、とても納得できるものがあったので、
これから少しだけ紹介していきたいな、と思います。)


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

|

« 1月・・・ | トップページ | 殻の中 »

コメント

とても心に響く言葉ですね!
なんだかすごく勇気がわいてきます!!

投稿: じゅんりん | 2006/02/01 23:08

>じゅんりんさん
コメントありがとうございます

そうでしょう!!
すごくいいと思うんですよね

じゅんりんさんもテニスかなりお好きなんですね
日本リーグを見に行くぐらいですもんんね。
また、ブログによらせてもらいませんね

投稿: たんたん | 2006/02/02 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63431/8446224

この記事へのトラックバック一覧です: ボビー・・・:

« 1月・・・ | トップページ | 殻の中 »