« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/31

1月・・・

今日で一月が終わっちゃいますね・・・
2006年のスタートダッシュってわけには行きませんでした・・・

でも、できることから少しづつ始めていけているので、
ちょっとずつ上向きな感じです!!
2月はこの調子でコツコツいきたいな、と思います。

いつもは何ヵ月後にこの目標を達成しよう!!とか、
今月中にこれだけのことやろう!!とか、
目標を決めていくタイプなのですが、
今は余裕がある状態ではないので
毎日できることをしっかりやる
というスタイルで2月に突入です。

結果よりも過程ということで・・・


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/29

2週間ぶり・・・

金曜日に朝練しました。
2週間ぶりのテニスでした。

体は重い、目線はずれる、コントロールもできない・・・
という散々な感じではありましたが、
楽しい・・・

振り返れば、このブログを書き始めた1年前はもっとひどい状態でした。
そこから考えれば、まだまだOKゾーンです。

そして、こちらも2週間近くぶりのランニング、
6kmでしたが、かなりつらかったです・・・
(10kmなんて、どうやって走ってたんだろう?)

ちなみに、昨日は筋肉痛でした・・・

これからこつこつ積み上げていこうと思います。


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/25

自分自身

昨日は何名かの方から心配のメールをいただいてしまいました。
ご心配をかけてすいません。
そして、ありがとうございます。

深刻に書いたわけではないですし、元気です。
そして何より復活に向けて上向きにはなっていますので、
大丈夫です!!

先日黒岩と話をしたときに面白い話を聞いたので、
ここで紹介したいと思います。

テレビで格闘家の須藤元気選手が、
紙に「自分は強い」と書き続けるというエピソードを話をしていたらしいのですが、そのときに、
「人は自分を表現する方法は思考・行動・言動の3つしかない。
 だから、こうして紙に書き続けている自分は、
 間違いなく強いんですよ」
なんて発言をしていたそうです。

この話を聞いて、「なるほど、そうだよな」と妙に納得してしまったのですが、
これは結構使えると思います。

思考(リアルセルフ)は「元気がない」としても、
行動や言動(パフォーマーセルフ)では「元気いっぱい」であれば、
その人は「元気いっぱい」に見えるでしょうし、
「元気いっぱい」の行動や言動にひきづられていくように
やがて、「元気いっぱい」になっていくのでしょう。

同じようなことを、日本一の大金持ち斉藤一人さんもよく言っています。
「ついてる」って言ってればだんだんついてくるんだよ
なんて言葉はありとあらゆる著書で述べられています。


というわけで、
「ぼくは毎日やる気満々、元気いっぱいです!!」

これが、第一歩ということで・・・

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/24

ちょっとだけ・・・

なかなかブログの記事がかけていませんね。
HPの更新も進んでいませんし・・・
すいません。

ここに書くような内容ではないのですが、
最近ちょっと元気がないのです。
すっかりテニスもしていません。
トレーニングやランニングでさえ・・・
もちろんテニスに関することだけが理由ではないのですが、
それがまた、自分で「なにやってんだ・・・」と
自分を責める原因になってしまったり・・・
たまに、こんな風に落ちていってしまうことがあります。

このブログに書くようなことじゃないんですけどね・・・
でも、目標に向かっていくときにはいつもいい状態なわけではないし、
そんなにパーフェクトな人間でもありませんし・・・
いいことばっかり書こうとすると、記事も進まないですしね。


とにかく、今はすっかり元気がないモードなのです。
理由はともかく、こういった状態になると抜け出すのが大変です。
「あれもできていない、あれもやんなきゃ、これがうまくいかない・・・」
と、あらゆることがうまく進まない気がしてきます。
ちょっと自分の中に余力がない状態なのです。

ここで、ただ「全日本に出たいんだから、もっとがんばらなきゃいけない」とか、
「もっとしっかりしないと・・・」とか、
自分をあおっても、僕の場合はなかなかうまくいかないのです。

ですから今はじっと、自分の中で何かが動き出すのを待っている状態です。
そして、「今の自分の状態が悪い、良くない」という言動はしないようにしています。
(って、このブログに書いているんですが・・・
それはこの状態の終わりが見えてきたから、ということで・・・)

とにかく今はテニスをやることに対してポジティブになるまでじっと我慢。
そして、よし、やろうと思えたときには一歩でも二歩でも進むことだと思います。

特にトレーニングではそうなのですが、やればやるほど、やる気が出てくるものです。
だからとにかく一歩を踏み出してしまうことが大切だと思っています。
とにかく、一度走ってみる。
ちょっと腹筋してみる。
ちょっとストレッチだけでもやってみる。
何でもいいから、少しだけやってみることがスタートになるのだと思います。

というわけで、まずは小さな一歩を踏み出したいですね。
その小さな一歩すら踏み出せていなかったわけですから・・・
今日が新たなスタートになるといいな。


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/20

いやぁ・・・

今回のメルマガはどうでしたか?

昨年末にある方から教わったセルフコンセプトという考え方が
ベースになっているのです。
たいていの人は自分で自分の限界値を決めてしまう、
ということが大まかな意味だと思うのですが、
これって自分が気づかないうちによくやってしまうことのような気がします。

この話を聞いてからたてつづけに似たようなことを
よく耳にするようになりました。

例えば、人は快適ゾーンの中に生活するということもそのひとつです。
なんでも、人にとって、新しいことをするとか、変化をするというのは
悪い方向でもいい方向でも“不快”に感じるものなのだそうです。
でも、そういった”不快”を感じないようにして、
快適ゾーンの中で過ごしていると、
快適ではあるのですが、成長はしない。
というか退化していってしまう・・・
かといって、自ら“不快”なことにチャレンジしていくというのは・・・
なかなか大変なことですよね。

人は無意識に快適ゾーン(セルフコンセプト)の中で活動するものだとするならば、
かなり意識してチャレンジしていかないと
目標を達成したり、成長したりしていくのは
むずかしいのかなぁ・・・
なんて最近思っています。

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/17

ビーナス初戦敗退

びっくりです。
女子で昨年のウィンブルドン選手権優勝のビーナス・ウィリアムズ(米国)が6-2、0-6、7-9で18歳のツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)に敗れる大波乱があった。
MSNニュース
と同時にテニスは本当にやってみないとわからにということを改めて感じます。

その日の体調や戦い方・運など、さまざまの要素の中で結果が
決まっていくものだということを実感します。

と同時に、全てをひっくるめて自分の実力というふうに捉えているのが
トッププロなのだとも思います。
(僕たちも、調子のいいときも悪いときも全て自分の責任、という態度は
 みならわないといけませんね・・・)
こういった、自分の中では納得のいかない結果になったときにも、
相手のプレーをたたえていたり、
自分のプレーを冷静に分析していたり、
あるいは自分の感情を爆発させたり・・・
試合後のコメントにはその選手ののさまざまな感情や態度があらわれてくるもの、
もうベテランとなったトッププレーヤーのビーナスのコメント、
聞いてみたいですね。

ネットのどこかに載ってないかな?

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/15

ビジョントレーニング

昨日テレビの「世界で一番受けたい授業」のなかで、
ビジョントレーニングが取り上げられていました。

視力とは別に視覚というものが存在していて
その視覚が弱いとさまざまな弊害が出るというものでした。
そのなかで、視覚を鍛えると運動能力もアップするという話があり、
以前に書いた記事と同じトレーニングが紹介されていました。

その記事はこちら・・・


tanntann昨日は残念ながら練習できなかった
これからも、こういう日は一杯あるだろう。

というわけで、昨日は自宅で、簡単なトレーニングをやった。

トレーニングはしばらくの間は
ランニング(時間があるとき・ちなみにたんたんはあまり好きではない・・・)
インナーマッスルのトレーニング
腹筋
を中心に行う予定

多くの時間があるならテニスをしたいので、ちょっとした時間に
テレビを見ながらでもできるようなものをこまめにやるようにしようと思う

というわけで、今日は取って置きのトレーニングをひとつご紹介!!

これは目のトレーニング
ボールとの距離感をとるのに役に立ちます
簡単だし、テニスコートで練習前とか練習中とかにやると効果てきめん!!
久しぶりのテニスのとき、試合前には絶対にやったほうがいいと思いますよ

道具は必要なし
親指を立てた両手を前後にずらして並べておく
そして交互に親指に焦点をあわせる・・・
10秒くらいでいいんじゃないかな

これだけで、ボールとの距離感をあわせるのに役立ちます

というのも、目が前後に焦点をずらすには
当然、眼球のレンズの大きさを変えなければいけないよね
それを動かしているのはやっぱり筋肉。
だから、こうしてトレーニングをしておけば、鍛えられるんだね

目の動きを早くするという意味で左右のバージョンとかもやっておくといいですね

ぜひぜひ、おためしあれ・・・

============================================================

やっぱり科学的な視点から証明されると、安心しますね。

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/01/12

安藤美姫って・・・

昨日、ニュースでフィギュアスケートのオリンピック代表選手の安藤美姫が
左足小指を骨折していたという報道を見ました。
美姫GPファイナル前に小指骨折していた(MSNスポーツ)

ちょっと驚いたのは、その会見の様子が
かなり明るい雰囲気だったということです。

オリンピック1ヶ月前に起きてしまった故障の報告、
といった深刻さはあまり感じられず、
「逆に骨折していても練習できるんだと自信になりました。ステップやスパイラルを磨きたいし、
トリノでは(4回転ジャンプを)やりたい」と前向きだ。

と書かれるほど、笑顔で明るい記者会見を行っていました。


テニスジャーナルの黒岩の記事にも書いてあったのですが、
試合におけるパフォーマンスは、
そのスキルだけではなく、メンタルの強さ(セルフイメージの大きさ)によっても
大きく左右されるものですが、
トッププロになるほど自分のセルフイメージが小さくなるような
発言はしないものだなぁ、というのを実感させられました。

個人的には昨年末のフィギュアスケート全日本選手権のテレビ中継を見て、
いまいち乗り切れていないように見えた安藤選手よりも、
村主選手の気迫の演技にすっかり心を奪われてしまっていたのですが、
今回の会見では安藤選手のトッププロの側面を垣間見た気がしました。

トリノオリンピック、がんばってほしいですね!!
四回転、やっぱり見てみたいです・・・

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/07

タフガイ!!

もうご覧になりましたか?
今月号のテニスジャーナルに黒ちゃんが記事を書いています。
P40からの「強靭なタフガイに絶対なる!!」というタイトルです。

テニスのスキルとメンタル(セルフイメージ)についてまとめられています。


とくにテニスの試合中に感情に左右されてしまう傾向がある方には
とてもよい記事だと思いますので、
是非読んでみてくださいね!!


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/05

初打ち、そして・・・

いやぁ、すっかり日常生活に復活しました。
僕は1月3日の日に初打ちをしました。

この日はテニスを楽しんで・・・
なんて思っていたら、結局1時間近く、
がっちりラリー練習をする羽目になってしまいました。
ま、そんなもんですかね。

特に良い打点で打てるようにビハインドして打つことを意識して練習していたら、
とてもよい感じでした。
結局基本をしっかりと行うことが大切だなぁと改めて感じました。
1月中は、ビハインド・ザ・ボールとボディーバランス、
そして、ボールを見ることの3つをしっかりと確認しておこうと思いました。


ところで、フィジカルはまだまだ準備段階ですが、
1月1日から4日間で27kmほど走ってみました。
1月1日 7km
1月2日 10km
1月3日 お休み
1月4日 10kmといった感じだったのですが、
さすがに10kmはまだまだしんどいです・・・
今週いっぱいはリハビリと思ってがんばります。

12月はまる一ヶ月サボって、かなりの飲み食いをしていたので、
体重はすっかり73kgまで戻ってしまいましたが、
(特に年末1週間で1kg以上も増やしてしまいました・・・)
とりあえず72.4kgまで落としました。
1月、2月、3月はがっちりランニングしようと思っているので、
しばらくはランニング漬けですね。
自然と体重も落ちてくると思っています。
(まずは目標70kgです)


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/03

始動

さて、今年も地方選手権が8月にあるのですが、
それに向けてスタートをしました。

今年は昨年同様に、テニスではアウトプットの力を高めていきたいと思っています。
が、今年の最大のテーマはフィジカルです。
毎年思ってはいたのですが、なかなか思い通りに試合に望めなかったので、
今年はしっかりと納得の行くフィジカルを作って、選手権を迎えたいと思っています。

そのために・・・
1、ランニング(1時間をしっかりと走る)
2、ストレッチ(テニスの前後や夜に、股関節と肩甲骨を中心に)
3、筋力トレーニング(今年は自重を中心に)
という3つを生活の一部として取り入れていきたいと思っています。


というわけで、今日は初打ちです。
まずは楽しんでテニスしたいと思います。

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/01

新年!!

あけましておめでとうございます。
いよいよ2006年が始まりましたね。

31日の試合は残念ながらリーグ戦で敗退してしまいましたが、
最後の試合で、納得のいくプレーができました。
応援に来てくださった方ありがとうございました!!

初戦で大事にプレーしようと思うあまり、
「ミスしたくない」という結果に対する気持ちが出てしまい、
「そのために何をするか?」という過程から頭が離れてしまいました。
しばらく試合をしていないと、
よくこうなってしまうので十分注意していたつもりだったのですが・・・

まだまだですね・・・


特に、ボールをしっかり見て打とうという思いが、
「打つ前にしっかりボールを見る」ことで精一杯になってしまい、
「相手が打つところから、しっかり見る」
というところまで気が回りませんでした。

しかし、3試合目には夏のようないい感じで試合ができたので、
また、この感覚をしっかりと自分のものにできるように
コツコツと練習を積み重ねていこうと思います。

そして何より、勝っても負けてもやっぱりテニスは楽しい!!
ということを再確認できた、素晴らしい2005年の締めくくりになったと思います。


さて、2006年も、僕は全日本出場を目指して
がんばっていこうと思っています。
テニスのできる限られた時間を大切に、
楽しんで目標に向かっていきたいと思います。

今年も応援よろしくお願いします!!
             たんたん

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »