« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/29

試合に向けて・・・

年末は31日のダブルスの試合で全日程終了です。
パートナーはたむちゃんなので、
今年のラストとして、楽しんできたいと思います。

と言うわけで、あさってのダブルスに向けて気をつけようと思っていることは・・・

1、ボールをしっかりと見ること
2、ボールをコートに入れることを第一に考えること
3、打ったら受けること

の3つです。

ってまぁ、いつも書いていることばかりの当たり前のことなのですが、
これがなかなか・・・
満足いくレベルでできることは少ないのです・・・
特に、夏のように試合に向けてしっかり準備しているわけではないので、
なおさらこういった基本的なことをしっかりと意識しておかないと
とんでもない目にあってしまうのです・・・
(全然コートにボールが入らなかったり、
 調子が上がらないうちに試合が終わってしまったり・・・)
そういうことがないように、
試合前にはいつもこうした基本的なことを確認しておくようにしています。


黒ちゃん・ウッチーのペアも出ているので、
一緒に今年のラストゲームを楽しんできたいと思います!!

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/27

ダブルスで勝つために・・・

いよいよ今年も終わりが近づいてきましたね。
僕は毎日忘年会続きです。
皆さんはどうなのかな・・・?

今日は、24日に行われたスポーツラーニングカップを見ていて感じたことから
書いてみようと思います。


今回、試合を見ていて感じたのは、
自分でコートから放り出すようにプレーする人が多い、ということです。
ポイントを取ろうとするときに、
相手のいないところに打とうとするのはもちろん大切なことなのですが、
緊張する場面や、試合のスタート直後などにコートのワイドに打とうとするあまりに
自分たちでミスをしてしまう人が多いのです。

結果として相手にポイントをあげてしまうことになり、
序盤にリードを与えてしまったり、大事なポイントを失ってしまっていました。

しっかり戦っている人たちは、
そういった場面では自分たちからリスクをしょわないように、
コートの中央や相手のボディーに向けてボールをしっかりと打って
相手コートにボールを押し込んでいくのです。

ラリーが続いてしまうことを嫌がらず、
相手のコートに入れやすいコースにしっかりとボールを打っていくことで、
ミスをしないように、でも攻撃的にプレーをするのです。

ここで大切なことは、ただボールを入れるのではなく、
しっかりとボールを打つということです。
試合というのはやはり戦いなのですから、
逃げてしまうのではなく、相手に立ち向かっていくようにプレーをしなければなりません。
そういった意味でも、相手のいないところに打とうとしてコートの端っこに打つのではなく、
コートの中に中にボールを打っていきたいですね。


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/25

ツーアップ~ダブルスフォーメーションの基本

では、今日は二人がネットプレーをするツーアップについてです。

まず、このツーアップの形には3つの種類があることを知っておきましょう。

ひとつはネットと平行に並ぶ並行陣。
この陣形は、ツーアップの中では最も穴のない守備的な陣形です。
それぞれがきちんとボールに対して正対することで、
どのボールに対してもきちんと対応できるはずです。

この陣形は自分たちがミスをしなければ、
相手がドンドン苦しくなっていき、
最後にはミスをしたり、チャンスボールを上げてきたり、
ロブを上げてきたりしてくるようになってくるでしょう。
それまで粘り強く、無理をしないでプレーをしていくことが大切です。
また、最後のロブやチャンスボールがいつ来ても良いように
心の準備をしておくことも大切ですね。


あとの二つは、ふたりが前後にずれて陣形を取る、
ワンアップ・ワンバック型のフォーメーションで、
ボールに対してストレート側がネットにつめるタイプと
ボールに対してクロス側がつめるタイプの2種類です。

どちらのフォーメーションも、
前に詰めている人の頭の上と、
後ろにいる人の足元のスペースがウィークポイントになってしまいます。
そこを狙われる前に、ポイントを終わらせるようにプレーをすることが大切です。

具体的には、前に詰めている人が積極的に動いてボレーをすること、
後ろにいる人も相手がコントロールしづらいボール
(強いボールや相手を動かすボール)を打つことが大切になるでしょう。


この3つの陣形が状況によって使い分けられると
ツーアップの形は完璧でしょう。

たとえば、相手にチャンスボールを上げてしまったとき、
絶対に自分たちでミスしたくないとき、
あるいは、なかなか自分たちでポイントが取れないときなどには
二人がネットに平行に並ぶ並行陣をとるのが良いでしょう。

この形がツーアップの基本の形ですので、
ストレートアップの形やクロスアップの形にしても
ラリーが終わらなければ、ウィークポイントに打たれる前に
この形に戻して仕切りなおすことが重要です。


逆に、雁行陣からストロークでアタックをしてツーアップにするときなどは
ストレートアップの形で、前衛がどんどんボレーをしていくべきです。
ただし、そこで前衛がボレーができなかったときには
一度、ネットに平行に並びなおして仕切りなおしていくと良いと思います。


ここまで、全部で5つの陣形を見てきましたが、
バランスの良い形(ツーバック・ツーアップでの並行陣)では、
ラリーが続くことを嫌がらず、根気よく相手のミスやチャンスボールを待つ、
バランスの悪い、そのほかの3つの形では、
ネットの近くにいる人が、積極的にボレーをして
早くポイントを終わらせる、
という風に考えると、自分たちがやるべきこともはっきりとしてくると思いますよ。

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/22

雁行陣~ダブルスフォーメーションの基本

では、今日は雁行陣です。

雁行人はバランスが悪いフォーメーションの典型的な陣形です。
前衛の頭の上へのストレートロブと、
後衛の前のスペースへの短いボールやショートクロスが
大きなウィークポイントになります。

ですから、そこに配球されないようにプレーをすることが大切です。
具体的には、そこに打たれる前にラリーを終わらせるようにしましょう。
大きな穴があるバランスが悪い陣形なのですから、
前衛は、自分の体勢が崩れることを恐れず、
積極的にボールを打ちに行くようにトライしていくべきです。
多少強引なプレーであっても、
ポイントを終わらせるためにはOKだと考えて、
どんどんボレーやスマッシュを打っていくべきでしょう。

また、後衛は相手にしっかりとコントロールされないように、
深いボールや相手を走らせるようなボール、
力強いボールを積極的に打っていくべきでしょう。
チャンスがあれば、後衛もストロークでアタックをしていくことが大切です。

とにかく、二人が協力してポイントを終わらせるために
積極的にプレーをしていくことがたいせつです!!

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/20

ダブルスフォーメーションの基本~ツーバック

では、今日はツーバックについてです。

二人がベースラインまで下がってストロークを打っていくのがツーバックです。
この形は、最も守備的な陣形といえるでしょう。

この陣形を取ったときに最も意識するべきことは
「自分たちからミスをしない」ということですが、
その中でも、ネットミスだけは絶対にしないようにしましょう。

とにかく、相手にもう一度打たせる、
そして、次のボールを走って打つ。
という非常にシンプルな考え方でプレーをするべきだと思います。
相手がいないところに打ってエースをとるよりも、
相手がいるところでいいから、しっかりと打って
相手にミスをさせるという考え方が大切です。
もちろん、ロブを上げるのも有効ですよ。

また、短いボールがきたときには
積極的にアタックをして、ネットにいくのも良いでしょう。
このときには、必ず二人が並んでネットに行くことが重要です。
せっかくバランスが取れた陣形だったのに、
自らバランスを崩してしまうのはもったいないですよ。


気をつけなければならないのは、ドロップショットです。
二人ともが下がっている以上、
ネットの近くにボールを落とされるのが、
最も点を取られてしまうパターンです。

対策としては、
いつも前に動いてボールを打つようにプレーをする、
相手の足元に沈めるよりも、
ミドルボレーよりも上の高さを使っていく、
などがあげられます。

とにかく、ドロップショットも含めて、
全てのボールを走って拾う強い意志が必要な陣形ですね。


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/15

ダブルスフォーメーションの基本~その2

それでは、今日はダブルスフォーメーションの考え方です。
昨日書いた、ボールコーディネーションを前提にしています。


ダブルスフォーメーションを考えるときには、
バランスがいい陣形なのかどうかを、良く考えるべきだと思います。

バランスがいいというのは、いわゆるペアとしての穴が少ない、
守備力が高いフォーメーションのことです。
具体的に言えば、二人がネットに平行に並んでいる状態
(しかも、二人ともがボディーコーディネーションしている!!)
が、大きな穴が少ない、守備的なフォーメーションといえます。

二人ともがベースラインの後ろでネットに平行に並んで行うツーバック、
二人ともがサービスラインの内側でネットに平行に並んで行うツーアップ、
この二つの形が、バランスのいい陣形です。

こういった陣形を取ったときには、
自分たちが穴の少ない守備力が高い陣形を取っているメリットを生かして
自分からミスをしないようにして長くラリーをしていけば、
相手はなかなかポイントをとることができずに、
じわじわとプレッシャーをかけることができるでしょう。


逆に、ネットに平行に二人が並ぶ陣形、以外のすべての陣形は
決してバランスがよくない状態といえます。

例えば、いわゆる雁行陣。
この陣形は一人がネットプレー、ベースラインでストロークという形ですが、
この形は、ネットプレーをしているひとの頭の上にロブを上げられたり、
ベースラインでストロークを打つ人の前のスペースにショートクロスを打たれたりすると、
一気に陣形が乱れてしまいます。

また、二人がネットプレーをする場合でも、
一人が前、一人が後ろというようにワンアップワンバックの陣形だと、
雁行陣と同様に前にいる人の頭の上と、後ろにいるひとの前へのショートクロスが
やはり、ウィークポイントになってしまいます。

こういった陣形では、今挙げたようなウィークポイントを相手に使われる前に、
早くポイントを終わらせる必要があります。
ポイントが長引くほど、自分たちのウィークポイントを狙われる可能性が高くなり、
自分たちが苦しくなってしまいます。

自分たちが穴のある、バランスの悪い陣形を取っていることを意識して、
速くポイントを取るために、積極的にプレーをするべきです。
もともとバランスが悪いのですから、
前にいる人は、体勢が崩れても、積極的にネットプレーをしにいくべきです。
後ろにいる人も、チャンスがあればアグレッシブにボールを打っていくべきでしょう。

つまり、これらの形は攻撃的な陣形といえるのです。


このように、バランスが良い陣形では守備的なプレーを、
バランスが悪い陣形では攻撃的なプレーをしていくと、
よりポイントがとりやすくなってくると思います。


では、次回は5つの陣形に分けて、より具体的に解説していきたいと思います。

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/13

ダブルスフォーメーションの基本~その1

この日曜日にダブルスのゲームプログラムがありました。
そのために、いろいろと考えたのですが、
なかなかしっかりとまとまったと思います。

そこで、会員ページに、ダブルスの戦い方についてのページをアップしようと思っているのですが、
今回はここで会員用ページの下書きをしてしまおうと思っています。
会員登録はこちらからどうぞ
今なら、無料レポート「今週末の試合にも間に合う!!12のアドバイス」
のダウンロードアドレスも一緒に手に入りますよ!!


=======================================
ダブルスフォーメーションの超基本~その1
ボディーコーディネーションと、ボールを使ったコミュニケーション

ダブルスでは、気が合うとか気が合わないとか言いますが、
二人が息をあったプレーをするためには、コツがあります。

そのコツとは・・・
「ボールを通してコミュニケーションをする」ということです。

確かに、毎ポイント打ち合わせをしたり、
サインプレーをしたりする方法もありますが、
それは、プレーのはじまりの部分でしか役には立ちません。
(といって、やらなくて良いと言っているわけではありませんよ!!)

ラリーの中でも、息のあったプレーをしていくためには、
ボールを通してパートナーとコミュニケーションをすることが
大切になってきます。

お互いが共通の意思を持って、ひとつのボールを打つ
あるいはひとつのボールに対して構える事ができれば、
2人の息がかみ合ってくるに違いありません。


では、どうしたらボールを使ってコミュニケーションが取れるようになるのでしょう。

そのためにはボディーコーディネーションを身につけることが必要です。
ボディーコーディネーションとは、常にボールが体の正面にあるように動くことです。
すなわち、ボールが右に行ったら右に向く、
左に行ったら左に向く、横に行ったら横を向く、
後ろに行ったら後ろに向く、というように
常にボールが自分の胸の前にあるようにして動くのです。

こうすることで、自然とボールに対して正面を向いて構えることになり、
適切なポジションをとることができるようになります。

ここで大事なことは、
パートナーがボールを打つときには、
パートナーがどこにどんなボールを打つのかを、
体をしっかりと向けて見ることです!!
(この状態ではボールはパートナーのところにあるのですから、
ボディーコーディネーションをしっかりとしていれば、
自然とパートナーが打つところを体の正面で見ているはずです)
そして、パートナーが打ったボールを追いかけるように、
ボールに正面を向いて構えましょう。

こうすることで、
パートナーがストレートに打ったら、自分もストレートを向いて構える、
パートナーがセンターに打ったら、自分もセンターを向いて構える、
パートナーがクロスに打ったら、自分もクロスを向いて構える、
というように、
ボールを通してパートナーとのコミュニケーションが成り立ち始めます。

また、ボールが浮いてしまったら打たれることを予測してポジションを下げる
ボールが沈んだらチャンスボールを予測してポジションを上げる、というように
自分が打った時はもちろん、パートナーが打ったときにも、
そのボールに対して適切なポジションを取ることができるようになるでしょう。


このように、ボディーコーディネーションを行うことで、
ボールを通してコミュニケーションをとることができ、
息のあったプレーを展開できるようになっていくのです。

ダブルスの陣形が・・・
ダブルスの戦術が・・・、という前に、
まず、ボディーコーディネーションの重要性に気づいてほしいと思います。
なぜなら、これができることが、陣形・戦術の土台となるのですから・・・

===========================================
と、こんな感じです。
(会員ページにアップするときには多少文章も変わっているかもしれません・・・
写真もつけて、より分かりやすい状態にはしておきます)

ここでひとつ、予想される意見は、
パートナーが打つところを正面で見るなんて、聞いたことない、とか、
前を向いて相手の動きを見てないと、ポーチに出てくる相手に対応できない!!
といった意見です。

が、
ここではあえて、後ろを向いてでも、パートナーが打つところを見て、
そのボールに対してポジションをとるんです!!
と、言い切りたいと思います。

そもそも、相手のポーチをかわしたり、
相手に打ちこまれないようにボールを打つのは、
ボールを打つ人が背負うべき責任です。
それに、パートナーがボールを打つところを見ることで、
ボールが浮いたか沈んだか、の確認が最も早い段階でできるのですから、
ただ正面を向いているよりも、一足早くポジション取りができるはずです。
何より、パートナーが打つボールに対して正面を向いて構えることで、
次のボールへの対応はよりやりやすくなる思います。
(もちろん、使いこなすまで練習は必要ですよ)

もちろん、それぞれ意見や考え方があることは十分理解しています。
こうやるんだ!!と押し付けたり、
それは間違っている!!と全否定したりするものではありません。
このブログ、あるいはスポーツラーニングではこうして考えているんだなぁ、
と思って参考にしてください。

次回はダブルスのフォーメーションについての考え方です。


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/09

メルマガ3連発~その3

そして、今回のテーマは高さです
これで、前後、左右、上下を全て使って
テニスをするイメージができるのではないかと思います。

では、どうぞ・・・

 ☆☆ テニスの試合に勝ちたい社会人に贈る ☆☆
 ☆☆★★    1分間アドバイス  ★★☆☆   No.20
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  社会人テニスプレーヤーは、テニスの時間が限られてしまう。
┃     その少ない時間の中で、試合に勝てるようになるためには、
┃     正しく優れた情報と、少しの考える時間が必要です。
┃     このメールマガジンは、毎週末に1分で読めるアドバイスで
┃   あなたのテニスに刺激を与えます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

★1分間アドバイス★:
テニスは平面で行われているのではない。
立体で組み立てができるようになろう!!


☆解説☆
テニスは平面で行われる2次元的なスポーツではありません。
空間をフルに使った3次元的なスポーツです。

相手をただ前後左右に動かすだけではなく、
低い打点で打たせるのか、高い打点で打たせるのかということまで
きちんとイメージができるようになりたいものです。

同じフォアハンドでも、低い打点は得意だけど高い打点は苦手だったりする
ようなケースは少なくありません。

また、相手がネットプレーに来たときでも、
いつもローボレーを打たせるだけでなく、
ミドルボレー、ハイボレーとさまざまな高さで打たせることで
意外と相手の弱点がはっきりと分かるものです。
特に相手が手をナナメ上に延ばした位の高さに狙って打つと、
意外ととりづらいものです。
(世界のトッププレーヤーはこの高さでパッシングショットを打っています。)


相手がボールをどの高さで打つのかまで、
自分が操作することができれば、
試合を有利に進められることは間違いありませんよ。


あなたは、このアドバイスを、自分のテニスにどう生かしますか?
※感じたこと、考えたことを今週末のテニスで実践して下さい!!


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メルマガ3連発~その2

というわけで続きです。

この号は前後に動かす重要性です。

 ☆☆ テニスの試合に勝ちたい社会人に贈る ☆☆
 ☆☆★★    1分間アドバイス  ★★☆☆   No.19
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  社会人テニスプレーヤーは、テニスの時間が限られてしまう。
┃     その少ない時間の中で、試合に勝てるようになるためには、
┃     正しく優れた情報と、少しの考える時間が必要です。
┃     このメールマガジンは、毎週末に1分で読めるアドバイスで
┃   あなたのテニスに刺激を与えます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

★1分間アドバイス★:
テニスコートは縦のほうが長い。
相手を動かすときには、左右だけではなく前後にも動かすことを考えよう。


☆解説☆
テニスコートを上から取った写真を見たことがありますか?
テニスコートはベースラインの長さよりも
サイドラインの長さのほうが長いのです!!

ですから相手を動かすときには、ただ左右に動かすだけではなく、
その動きに前後の動きをプラスするようにしていきましょう。

シングルスであれば、
フォアの深いところに打った後に
バックの浅いところに配球をする。
フォアの浅いところに打った後に
バックの深いところに打ってネットにいく。

また、ダブルスであっても相手を前後に動かすことが重要です。
ネットにいる相手の足元にボールを打って、
前に動かしてからロブを上げる。
ボレーを深く打った後に短くボレーを打つ。
ショートクロスを打った後にストレートにロブをあげる・・・

ただ左右に打つよりも配球の幅がぐっと広がるはずです。

自分にあったパターンを身につけていきましょう!!


あなたは、このアドバイスを、自分のテニスにどう生かしますか?
※感じたこと、考えたことを今週末のテニスで実践して下さい!!


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メルマガ3連発~その1

今回のメルマガの編集後記にも書いたのですが、
前々回のメルマガから今回までの3回は関連性が高いので、
ブログにまとめことにしました。

この号は主に左右に相手を動かすときの注意点ですね。

 ☆☆ テニスの試合に勝ちたい社会人に贈る ☆☆
 ☆☆★★    1分間アドバイス  ★★☆☆   No.18
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  社会人テニスプレーヤーは、テニスの時間が限られてしまう。
┃     その少ない時間の中で、試合に勝てるようになるためには、
┃     正しく優れた情報と、少しの考える時間が必要です。
┃     このメールマガジンは、毎週末に1分で読めるアドバイスで
┃   あなたのテニスに刺激を与えます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

★1分間アドバイス★:
グッドリズムは動きやすくて疲れない。
バッドリズムは動きにくくて疲れやすい。


☆解説☆
試合中に相手を動かすとき、ただ、左右に動かしてはいないだろうか?
右→→→左→→→右→→→左→→→右→・・・
というような規則的な動きは、
慣れてしまえば相手にとっては心地よいリズムとなり、
動きやすくて疲れにくい動作となってしまうものです。
(エアロビクスのような規則的な動作は、
 長時間続けてできるのと同じことです。)

相手を動かすならば、
右→→→左→→→左→→→左→→→右→・・・
というように不規則に動かすべきです。

さらに動きづらくするには
右→→→左→→右→→右→左→→→→左→右→・・・
というように、ボールを打つリズムも変化させると良いでしょう。

さらにさらに、
この不規則なリズムに前後の動きを足すことができれば・・・
あなたが思う以上に相手は動きづらく感じ、かなり早く疲れてしまい、
試合を有利に進められるでしょう!!

あなたは、このアドバイスを、自分のテニスにどう生かしますか?
※感じたこと、考えたことを今週末のテニスで実践して下さい!!

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/08

メルマガ代理登録!!

今日、まぐまぐからメルマガの代理登録の許可が下りました。
早速、HPで会員登録&レポート請求してくださった方を
代理登録させていただきました。
(もちろん、今まで読者だった方が2重登録になる心配はないので、
 ご安心くださいね)

これまで、メルマガに登録していなくて、
HPで会員登録&レポート請求してくださった方は
明日からメルマガが届くと思いますので、楽しみにしてくださいね!!


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/07

夜中のミーティング

昨日は22:30からスポーツラーニングのキャンプミーティングでした。
(みんな夜までレッスンをしているので、
ミーティングは夜中が多いですね。
ちなみに終了は1:30でした・・・)
もう来週の土日に迫っているので、
内容を詰めて、僕たちもキャンプに向けたリハーサルが始まります。


今回のテーマは
"目指せ!! ピンポイント攻撃の達人!!"と題して
狙って打つことをテーマに練習することになっています。

そもそも、狙って打つということは
HPのアウトプットでも書いているように
ふたつのこと(落下点と軌道のイメージ)をさすのですが、
実際にやってみるとなかなかうまくいかないんですよね。

そこで、今回はキャンプ中に全てのボールを狙って打つ練習をしてみよう!!
というのが大きな目的のひとつです。

もちろん、キャンプ中に狙って打つ感覚がつかめて、
狙ったところに狙った軌道でビシビシ打てるようになる!!
なんていうのが理想的ですね。
だけど、そこまで行かなかったとしても、
自分が狙ったコース・軌道に対して、どのくらいずれが出ているのか
を知ることができると思います。
それが分かれば、試合中にどのくらいコートの内側を狙えばいいのかが
はっきりと感じられますからね。
(マージン・フォー・エラーですね!!)


いま、最終のつめの段階ですので、
詳しい練習内容を決めているのですが、
スゴクいい内容のキャンプになるんじゃないかとワクワクしています。
(この内容で僕が練習したいです・・・)

ちなみに、定員30人に対してキャンセル待ちをいただいていたのですが、
現在は3人空きが出ているみたいです。
(お仕事忙しくてキャンセルが出たみたいです。
 参加できなくなってしまった人は残念ですね・・・)

興味がある人はいかがですか?
=================================
12月キャンプのご案内

キャンセルが発生致しましたので、再度ご参加の方を募集致します!!
テーマは「目指せ!!ピンポイント攻撃の達人」。
「狙う」ことをテーマにしたキャンプです!!
キャンプ詳細につきましては、別途ご連絡させて頂きます。
皆様のご参加をお待ちしております。

<キャンプ開催日時・場所等>
日時:2005年12月17日(土)~18日(日)
場 所:リゾートホテル 伊豆ロブィング
    静岡県伊東市八幡野1249-77  TEL.0557-51-3567
    http://www.lobbing.co.jp/
費 用:お一人様 31,500円(税込み)
    1泊2食付、レッスン代2日分を含みます。

お申し込み・お問い合わせははこちらまで
担当:高木
=================================


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/06

なぞは解けた!?

ここ最近の僕を悩ませていた原因のひとつが分かりました。

その悩みとは・・・
メルマガの配信が僕のパソコンからできない、
ということについてです。


さかのぼること2週間前・・・
パソコン(僕はバイオを使っています)のウィルス対策ソフトが
サービス期限切れになったので、
"ウィルスセキュリティー”に入れ替えをしたのです。
それから2日後の金曜日に、
メルマガの配信ができないことに気がつきました。

ぶーちゃんとも相談して、
ウィルスセキュリティーが原因だろうという結論にはなったのですが、
ウィルスセキュリティーを終了させても
状況は変わりません・・・

で、結局、ぶーちゃんにメールして、
それから配信という手続きを踏んでいました。
(ぶーちゃんサンキュー)


で、この日曜日、雨が降って時間があったので、
一度パソコンからウィルスセキュリティーをアンインストールしてみたところ、
メルマガ配信ができたのです!!

これで、原因ははっきりしたのですが、
セキュリティーソフトは必需品です。
そこで、もう一度、よく調べてみると・・・
"不正侵入"という項目のファイアウォールが
配信を妨害していることが分かりました。

ウィルスセキュリティーでは
メルマガの配信の時には
ファイアウォールを一時的に解除する必要があるみたいです。
(今週は自分のパソコンから配信できそうです)


というわけで、悩みは解消されたのですが・・・
この間のホームページ作りでも感じたのですが、
僕はパソコンについてとことん素人だということを
改めて思い知らされました。
(ここのところ、パソコン関係のトラブルが多いもんで・・・)

パソコンに詳しい人はこんなこと、
簡単に分かっちゃうんだろうなぁ、と思ってみたりもしたのですが、
ま、素人は素人らしく、あちこち遠回りしながら解決していくしかないですね。


きっとこれからもいろんなトラブルがあるんだろうな・・・
そんなときには、右往左往する僕をブログを通して温かく見守ってくださいね!!


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/04

HPメンバーページ更新

たったいま、HPのメンバーページに
シングルスの基本戦術
3つのエリアとチェンジディレクションを追加しました。

ゲームのカテゴリーの内容を、より詳しくまとめた内容です。
(ちなみに今回の記事はウッチーがまとめました)
良かったら参考にしてください。

それにしても、このふたつの内容は本当に簡単でシンプルなのですが、
ちゃんとできれば、絶対試合に役に立つと思います。
(っていうか、これができたら相当強いですよね)
まぁ、ちゃんとできればって言うのが問題なのですが・・・
やっぱりしっかりと練習していくしかないですね・・・

馬込でのシングルスプログラムも、
このふたつについてひたすら練習することになるのでしょうね・・・
===================================
スポーツラーニング:黒岩高徳が
試合に勝つためのシングルスプログラムを
馬込テニスクラブで開催中!!
詳しくはこちらをどうぞ!!
===================================
体験レッスンは12月22日が後3名あいているだけのようです。


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/01

1週間ぶりです・・・

うーーん・・・
結局まる1週間も記事を書かずにきてしまいました。
しかも、今日から12月に突入です。

いろいろと書きたいことがあるのですが・・・


まずはダイエットですが、70.4kgで終了しました。
目標の68kgまでとときませんでした。
というよりも、9月にやせた体重をキープしてきただけ!!
という結果になってしまいました。
(11月のランニングも100kmに届きませんでした。)

10月前半と11月後半に、結構仕事が忙しくなってしまった・・・
ということもあるのですが、
それよりも、9月にがんばった勢いを自分で継続できなかったのが原因ですね。
特に、11月の後半は仕事を理由に、完全にダイエットを放棄してしまいました・・・

まぁしばらくはこの体重をキープして、
またやる気が出たときにまたがんばろうと思います。


今回のダイエットは、半分成功、半分失敗って感じですかね。
この夏の選手権で後もう少しのところで勝てなかった、
という自分と重なってしまうような結果になってしまッた気がします。
最後の最後でがんばりきれないクセがあるのかもしれませんね。
次のチャレンジでは最後までやりきることができるようにしていきたいですね。


それから、HPのメンバーページは今週末に少し更新します。
シングルスの戦い方についてのページを作ってアップする予定です。
楽しみにしていてくださいね。

それではきょうはここまで・・・
これからはこまめに更新していけるかな・・・

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »