« 準決勝結果報告 | トップページ | 夏の選手権のまとめ(テニスのこと) »

2005/08/22

夏の選手権のまとめ(自分のこと)

夏の選手権が終了しました・・・
応援していただいた皆さんには本当に感謝しています!!
本当にありがとうございます。
(ちなみに中国選手権は僕らに勝った高校生ペアが優勝したそうです)

結果的には全日本出場権をとることはできませんでしたが、
おととしは北信越選手権は1回戦負け&中国選手権は2回戦負け
だったことを考えれば、大きな進歩が感じられた年となりました。


30歳を超えて、テニス以外の仕事をしながらでも
十分テニスがうまくなれるということが、
少しは実感できたような気がしています。

このブログを始めのころからご覧いただいている方はわかると思うのですが、
実際にコートに立って自分の練習をしているのは週に2~3回でした。
その中で、自分が成長していくかどうか多少の不安もありました。

しかし、現在スポーツラーニングで、皆さんにお教えしてもいる
インプット&アウトプットの考え方をしっかり守って練習してきたことが、
自分のテニスを見つめなおすのに本当に役に立ちました。

特に、アウトプットの練習として、
見る・狙う・備えるという3つのポイントを整理してきたことは
自分の力を発揮するための大きな力となりました。

ここにきて、今までの中でも今が一番いいテニスができているという感覚が持てるようになりましたし、
来年以降も選手権の優勝ラインに絡んでいけるのではないかという手ごたえも感じられました。


一方で、残念なこともありました。
それは試合の中で積極的なプレーを選択するのを恐れてしまうことが多かったことです。

僕はJrのころから、自分のシードを守るとか、格下の相手とやるのがとても苦手でした。
というのも、「負けたくない」という思いから、
ミスをしないように自分のプレーをどんどん小さくしていってしまう傾向が出てしまうのです。

実際に、今回の大会でも大事なポイントで、
「自分から点を取りにいこう!!」とするのではなく、
「ミスをしないように、余計なことをしないで・・・」と考えてしまい、
かえって、相手にしっかり打たれてやられてしまうということが多くありました。

これは、JOPの試合に出ているときにも、よくあるパターンでした。
これは、僕の中では“克服していくべき課題”なのです。
(皆さんにも違った相手なのに似たような状況・感情で負けてしまうことはありませんか?
 それが、あなたが超えるべき課題かもしれませんよ)

僕にとっては、「ミスを恐れて小さくなっていく自分」に対してチャレンジして、
「積極的なプレーをする自分」を引き出していくことは
テニスの試合における最大のチャレンジなのです。
(ひょっとしたら、テニス以外の場面でも僕が抱えている課題なのかもしれません)

そして、このチャレンジに成功したときは、
「自分の課題を克服することができた!!」という充実感をもって、
最高にいい気分でプレーを終えることができるのです。

しかし、今回はそのチャレンジをすることができませんでした・・・
これは本当に残念なことでした。
次のチャンスにはぜひ、このチャレンジを成功させたいと思います!!


僕がテニスを続けている意味は
きっと、こうした自分の課題に気づき、
何度でもそれにチャレンジすることができ、
そして、その課題を克服していくことによって、
自分の成長につなげていくことなのだと再確認することができました。

そして、テニスの本当の楽しみも、ここにあるのだと思います。


また、これから1年間、テニスを“楽しんで”いこうと思います!!


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

|

« 準決勝結果報告 | トップページ | 夏の選手権のまとめ(テニスのこと) »

コメント

積極的なプレーというのは「しよう」と心がけるだけでかなり違うテニスになるのでしょうね。

「ミスをしないように」と思うと縮こまってしまう自分に重ねて読んでしまいました。

上手いヘタ関係なく、気持ちの面で強くなれるように頑張っていきたいです。

投稿: たいちパパ | 2005/08/22 10:37

はじめまして!!monoのTennis.infoからやってきました。コーチを目指しています!!選手権おつかれさまでした!!僕もいつかいろんな試合にでてみたいです!!まだまだテニスは未熟ですが意見交換などしてもらえると光栄であります!!是非ぼくのとこにもきてくださいね!!

投稿: スガシン | 2005/08/22 14:24

>たいちパパさん
コメントありがとうございます。
テニスは今まで気づかなかった自分のことを
いろいろと気づかせてくれるスポーツです。
単純な技術の優劣だけで勝敗がつかないのが面白いですよね。

お互い、メンタル強くなりたいですね!!


>スガシンさん
初コメントありがとうございます。
テニスコーチになる人は、どんどん試合に出るべきだと思いますよ。
そうじゃないと、レッスン用の技術論になってしまうこともありますしね。
これからもがんばってくださいね!!

投稿: たんたん | 2005/08/23 08:42

はじめてコメントさせていただきます。
夏の選手権お疲れ様でした。
ブログを読ませていただいてとても感銘しました!
同じ30歳代として自分もがんばらなきゃな~って痛感させられます。
「自分の課題に気づいて、その課題を克服していく」・・・テニスだけじゃなくてすべてにおいてそうでなければいけませんね!!

投稿: じゅんや | 2005/08/23 19:06

はじめまして!私も先週、弱気テニスをして
しまい、後悔( 一一)ドウシテ・反省(-_-;)でした。
(草トーですけど・・・)
メンタルが弱く、集中力が続かない・・・
まだまだ課題は一杯ですが、テニスを楽しみ
ながら上達していきたいと思います!
又勉強に来ま~す(^^♪


投稿: kamikami02 | 2005/08/24 01:49

>じゅんやさん
初コメントありがとうございます
真剣にテニスをしていると、本当に多くのことに気づけます。
その気づきを他の事にも生かせたらなぁ、
なんて思っています。
同じ30代として、がんばっていきましょう!!

>kamikami02さん
初コメントありがとうございます
きっと、過去にも同じような負けかたをしたことがあるのではないですか?
だとすると、またやった・・・
なんて落ち込んでしまいますよね
(僕はまさにこのパターンです)
でも、そんな自分を超えれたときって、
本当に気分がいいですよね。
あきらめずにチャレンジしていきましょう!!

投稿: たんたん | 2005/08/24 07:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63431/5579424

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の選手権のまとめ(自分のこと):

» 実はテニスの上達は感覚を鋭敏にする事! [テニス大好き人間、この指止〜まれ^^]
{{{ テニスはボールの距離をコントロールするスポーツ! ボールの距離をコントロールする感覚を磨く事で上達する事が出来るのです。 }}} ご存知のように、テニスはボールの距離をコントロールする事 (スピード、角度を含めて)で相手とボールを打ち合うスポーツです。 ですから、ボールの距離感が優れている方が勝つ事になるんですね。 という事は上達する為にはその為の力のコントロールを磨く事が実は一番大切なんです。 力のコントロールとはゆるめる力だけではなく、 もちろん、強い力も含..... [続きを読む]

受信: 2005/08/22 10:01

« 準決勝結果報告 | トップページ | 夏の選手権のまとめ(テニスのこと) »