« 試合に役立つ~つづき・・・ | トップページ | 一週間ぶり »

2005/04/04

サーブについて気づいたこと

週末は皆さんテニスはどうでした?
試合があった方も多いと思います。
結果とか感じたこととか、もし良かったら聞かせてください!!
(コメントに書くのはちょっと・・・というかたはこちらへ)

というわけで、先週は僕にとっては非常に有意義な一週間でした
というのは練習もまあまあできたし、
なにより、木曜日には 師匠ですさんと、黒ちゃんと三人で飲みにも行ってきたからです!

いやぁ、久しぶりに、テニス談議に花咲いちゃいました

非常に面白かったし、ためにもなりました。

その内容も、少しづつブログに書いていこうと思います。
(スプリットステップの適正幅についても、もちろん話してきましたよ
 でも、言葉で説明するのは・・・難しいので、
 暇なときに、師匠さんに直接コメントするようにお願いしておきました
 というわけで、師匠ですさんのコメントをお待ちくださいね)

ところで、今日はサーブについて最近気づいたことを・・・

ここのところサーブを教えてほしいという方が多かったのですが、
みんな同じようなことで苦しんでいてびっくりしました

というのも、サービスを打つときにみんな窮屈そうに打つのです

ひょっとして、と思ってきいてみると
「スイングするときに、打点を右手の真上の高いところにするために
 右手が耳のそばを通るようにスイングするようにしている」
ということでした

おそらく、サーブの打点を教わる際に、
右手を耳にくっつけるようにしてまっすぐ伸ばした位置で教わったのだと思います

でも、残念ながらサーブのスイング中に、
右手が耳のそばを通るなんていう動作はありえません

バンザイしようとしたって、手は耳の真横には上がりませんよね
耳のそばに右手がクルってこと自体が窮屈な動作なのですから
まして、サービスの動作中には・・・ねぇ


プロの選手の写真を見ても、そんなプレーヤーはいませんよね
右手は耳からある程度はなれたところを通るのが普通なのです
もう少し言えば、ひじの位置は肩のライン上にあるほうが、スイングがしやすいのです

みなさんも、無理して右手を真上に上げないようにしてくださいね

つづきは次回へ・・・

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

|

« 試合に役立つ~つづき・・・ | トップページ | 一週間ぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63431/3556961

この記事へのトラックバック一覧です: サーブについて気づいたこと:

« 試合に役立つ~つづき・・・ | トップページ | 一週間ぶり »