« 心の叫びに耳を傾ける・・・(その1) | トップページ | プレー中に弱気になってしまうあなたに・・・ »

2005/03/06

自分の感情をコントロールする

昨日の記事みたいに、
自分が思っていること、感じていることが、
実は事実と違っていたりすることって、結構あります。

同じようなパターンでは、ある事実を過大に評価して
自分でネガティブな感情を生んでしまうパターン。

たとえば、あなたがバックハンドが苦手だとします。
球出しでバックハンドを練習していて・・・
1球目、2球目、3球目、4球目って順調に打てているのに
5球目でミスをしたとします。

「うわっ、ミスった。
 あー、やっぱりバックハンドはうまく打てないや・・・」
なーんて思ってしまうと、ネガティブな連鎖の始まりです。
ミスが続くこと請け合いです。

5球目をミスしたことで(まぁ、これは事実なのですが・・・)
4球目までうまくいっていたこと(これも事実ですよね)を
すべて忘れて、やっぱりバックハンドがうまく打てないって・・・

なんかおかしいですよね。


こういう自分の感情とか考えとかに
敏感に気づくこと、そして、うまく対応していくことだけで、
あなたのテニスが一気に変わってしまうこともあるかもしれません。

この例で言えば、
5球目を失敗したときも、
「あ、失敗した。次は失敗しないように・・・」とか
「あ、失敗した。ボールを良く見て・・・」とか
って対応していれば、
6球目から、またうまくいく可能性が高くなりますよね。
(すくなくとも、やっぱりダメだと思っているよりは・・・)

これって、勝手に浮かんでくる感情のような気がしますけど、
自分で訓練すると、いい思考法って身についていくものです。

自分の考えや、自分の感情を、自分でコントロールしていくことに
ちょっとチャレンジしていきませんか?

まずは、浮かんでくる感情に対して
「それって、本当に事実なのかな? ちょっと違うかも」って思ってみることから始めましょう。


この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

|

« 心の叫びに耳を傾ける・・・(その1) | トップページ | プレー中に弱気になってしまうあなたに・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63431/3081290

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の感情をコントロールする:

« 心の叫びに耳を傾ける・・・(その1) | トップページ | プレー中に弱気になってしまうあなたに・・・ »