« テニス上達のポイント~狙って打つ!! | トップページ | 調子が良くても悪くても・・・ »

2005/02/19

テニス上達のポイント~パフォーマーセルフ

今日は雨だったので久しぶりに
スポーツマンのためのメンタルタフネスを読みました。

おススメの本にも書いたのですが、
パフォーマーセルフ(演じるべき自分)と
リアルセルフ(本当の自分)という二つの側面で
テニスをしている自分を捕らえることは
非常に意味のあることだと思います。

テニスのプレーをしているときに
あまりリアルセルフが顔を出しすぎると
感情に流されやすくなると思います。

この本では、パフォーマーセルフを登場させることで、
文字通り、タフな自分を演じることが必要といっているのです。

タフな思考とタフな行動をあわせ持つパフォーマーセルフを演じることで
本当の自分がどうであるかは別にして
プレー中にはタフでいることができるということですね。

確かに、トッププレーヤーはみんな強そうな態度で試合をしていますよね。

これ非常に有効なアイディアだと思います。
テニスをする時(特に試合をするとき)にはぜひ、
非常にタフなパフォーマーセルフを演じてみると良いと思います。


具体的な、第一歩としてお勧めなのは
(ここからは本ではなく僕の意見ですが・・・)
ミスをしたあと“素振りをしない”ということです。
トッププロが素振りしているところってほとんど見ないですよね。
でも、みんなミスをしたあと、もっとこうだよって素振りをしてしまうじゃないですか。
それは、もう試合をしている”今”に意識があるのではなくて、
ミスをした過去にとらわれてしまっているのと同じことですよね。

すごくタフな選手のイメージは、
なかなかすぐにはできないかもしれませんが
ミスをしたときに“素振りをしない”とか、
負けているときに“うつむかない”とか、
簡単なことを試してみるだけでも結構効果があるものです。

次の機会には、まず、”ミスをしても素振りをしない自分”を演じてみてください。

この記事がお役に立ったら
こちら↓をクリックしてください
人気blogランキング登録中です←応援してください

|

« テニス上達のポイント~狙って打つ!! | トップページ | 調子が良くても悪くても・・・ »

コメント

こんにちは。
私はポイントとポイントの間で、ラケットのヘッドを下げないようにしていますよー。
ラケットを下げてだらっと持つと、気分までだらっとなってしまいそうで・・・。
ただの気休め。

投稿: ねむ | 2005/02/19 23:28

コメントありがとうございます。

ラケットヘッド下げないって、確かに大事かもしれないですね。
自然と動きもきびきびしそうなイメージです。
他にも、強い選手に見えるイメージとかあったら
教えてください。

投稿: たんたん | 2005/02/20 07:47

こんばんは。相変わらず仕事中です。

このブログ、非常にためになります(^^ゞ
ランキングもどんどん上昇してますね☆

これからも勉強させていただきます♪

投稿: 足立区民@仕事中 | 2005/02/21 21:04

うれしいコメント ありがとうございます。
本当に励みになります。
これからも、皆さんとシェアしていけそうなことを
いろいろと書いていけたらな、と思います。


そして、この場を借りて・・・
ランキングは登録して以来ずっと上昇して
2/22日の朝の時点で12位まできました!!

足立区民さん始め
多くの方の応援のおかげです。
本当にありがとうございます。
これからも、がんばっていきます!!

投稿: たんたん | 2005/02/22 07:23

確かにやります。>空振り後の素振り

確かにやめないといかんですねえ(^^;;;
勉強になります。

投稿: AgentSatosuru | 2005/02/22 21:57

コメントありがとうございます。

ぜひ試してみてくださいね。
結構プレーに集中できるものです・・・

投稿: たんたん | 2005/02/23 07:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63431/2996998

この記事へのトラックバック一覧です: テニス上達のポイント~パフォーマーセルフ:

« テニス上達のポイント~狙って打つ!! | トップページ | 調子が良くても悪くても・・・ »